日本サッカーに「名蹴会」発足 金田喜稔会長「選手、指導者らの目標、模範に」という記事より。

日本サッカー界の普及・振興などを目的とした『日本サッカー名蹴会』の発足会見が27日、都内で行われた。現在、プロ野球界では大記録を達成した選手を対象にした“名球会”が存在するが、これに相当する組織をサッカー界でも設立し現在、24名が参加の意思表示をしているという。

プロ野球の「名球会」に相当する「日本サッカー名蹴会」が発足するそうです。金田喜稔が会長に就任しています。

有資格者58名のうち、24名が参加を表明しているそうです。中山雅史、藤田俊哉、ラモス瑠偉、北澤豪、相馬直樹、名波浩ら懐かしい名前が並びます。

気になる参加条件ですが「名球会」に負けん!「名蹴会」スタートによれば次の通りです。

(1)国際Aマッチ50試合以上出場(2)日本リーグ200試合以上出場(3)Jリーグ(J1)と海外1部リーグ(FIFAランク50位以上の国)での出場試合数が合計400試合以上、のいずれかを満たすこと。

基本は試合出場数ですが、けっこう大変なハードルのような気がしますね。「サッカー界を元気にしたいと思っていた」と金田会長はコメントしています。

活動内容はチャリティーイベントやサッカー教室だそうです。

これからの若い選手たちが「名蹴会」を目指すかどうかは「名蹴会」の活動如何かもしれませんね。個人的には、やや違和感を感じておりますが。

■関連記事

「名蹴会」が発足 釜本氏らが参加へ

サッカー界で優れた実績を残した選手でつくる日本サッカー名蹴会の発足記者会見が27日、東京都内で行われ、元日本代表の金田喜稔会長が「子どもや選手たちの目標になる会にしたい」と語った。会員は今後、全国でのサッカー教室など普及活動を行っていく。