東京V 複数企業との交渉が最終段階?という記事より。

一方、21日のJリーグ理事会までに方向性を出すとしていた次の引き受け企業が決まらないことについて謝罪したという。羽生氏は交渉が最終段階に入っている企業が複数あることも明かし「(最終的には)11月まで猶予があるが、10月(の理事会)までには決めなくてはならないと思っている」と話した。

資金繰りが行き詰まり、Jリーグが東京ヴェルディの経営権を取得していますが、これも今シーズン終了まで。引き受け先を探して、交渉が続けられているようです。

11月まで猶予はあるものの、まだ決まっておりません。が、交渉が最終段階に入っている企業が複数あることも明かされています。しかし「楽観できる状況ではない」と。

「としまえん」の敷地に新スタジアムを建設し、東京ヴェルディが練馬区に移転するという話も出ていたのですが、果たして?

ネタフルではここまでに次のような記事を書いています。

「サニーサイドアップ」東京ヴェルディの株式50%以上を取得へ?
東京ベルディ、吉本興業・ホリプロとも交渉中
東京ヴェルディ、学習塾「TOMAS」に身売り
東京ベルディ、身売り先は「株式会社協同」か?
東京ヴェルディホールディングス株式会社
読売グループ、東京ヴェルディから完全撤退
東京ヴェルディのノルマは5.4億円、確保できなければJリーグ退会に
「ネクシィーズ」東京ヴェルディを買収か?
東京ヴェルディ、資金繰りに行き詰まる
東京ヴェルディ、自主的再建は困難に
東京ヴェルディの経営権、Jリーグが一時取得へ

■関連記事

東京V、引受先決まらず「楽観できない」

羽生社長はクラブの来季の事業計画、リーグ日程を決める上で「少なくとも来月の理事会には間に合わせないといけない」とも述べ、引受先が決まらない場合にはクラブ存続の可否が議論される可能性も示唆した。