43歳カズ、J最年長得点記録を更新!という記事より。

J2第21節第1日(7日、横浜FC2-0岡山、ニッパ球)横浜FCのFW三浦知良選手(43)が後半48分にゴールを決めて、自身の持つJ最年長得点記録を43歳5カ月12日に伸ばした。

これまで、三浦知良の記録更新についてはネタフルでは次のようなエントリーを書いてきました。

横浜FC・カズ、41歳7ヶ月の最年長ゴール!
横浜FC・三浦知良、Jリーグ最年長ゴール記録を更新
横浜FC・三浦知良、契約更新でJリーグ最年長出場記録も更新へ
横浜FC・三浦知良、Jリーグ最年長出場記録を更新

こうして見ると、41歳、42歳と記録を更新しているのですよ。すごいなぁ、カズ。本当に本当に、サッカーが好きなんですね。

「きょうのゴールと勝利は素直にうれしいし、ホームで多くの祝福を受けたことが一番うれしい」とコメントしています。

蹴音―三浦知良伝説の言葉

4835616189

■関連記事

43歳キングカズ弾!18年連続!J最年長自ら更新!!…横浜C

「もう44歳に近いから、練習をして、練習試合に出て、(リーグ戦で)ベンチにいることに対して満足してると思っているかもしれない。でも出られないという悔しい気持ちは、プロになりたてのころと同じ」とカズ。

43歳カズ弾に俊輔、長谷部から祝福メール

この日の試合のため、前夜はゴールの余韻にひたることなく「早く寝たよ」。それでも、W杯代表のMF中村俊、長谷部、東京に移籍したFW大黒ら「後輩」からの祝福メールには「うれしいね。みんなも頑張っているから、励みになる」と笑顔で話していた。

カズ43歳弾「選手とスタンド一体」

4カ月半、17試合ぶりのJピッチだった。3月21日の草津戦以来、戦列を離れた。右足首痛、右臀部(でんぶ)痛。回復しては再び痛め、治りかけてはぶり返した。年齢からくる衰えもある。W杯で盛り上がる周囲を横目に、孤独な練習を続けた。