絶叫だけじゃあ…質の向上が求められるサッカーテレビ解説陣という記事より。

日本サッカー界でストライカー以上に育っていないのが「テレビのサッカー解説者」。ある協会幹部は「きちんとサッカーを話せる人がいない。特に民放は絶叫系の実況、応援だけの解説ばかり」と苦虫をつぶす。

ワールドカップ南アフリカ大会でもそうでしたけど、けっこう‥‥なんというか‥‥まあ‥‥ひどいですよね、サッカーのテレビ中継の実況って。

「絶叫系の実況、応援だけの解説ばかり」というのは、本当にその通りだと思います、残念ながら。

問題になったこちらも‥‥

さらにNHK女性アナウンサーの「(NHKは)コマーシャルありませんから」発言も拍車をかけた。「あれは台本にも書いてあったという話。噴飯ものですよ」と民放関係者。

という話があったり。

個人的には副音声にスタジアムの音だけで実況・解説なしバージョンがあっても良い気がするんですけどね。解説はUstreamで気に入ったチャンネルを聴くとか?

スカパー!で解説を務めた日本代表前監督、イビチャ・オシム氏(69)についても民放関係者は厳しい指摘。「とにかく話が飛びすぎてしゃべりすぎ。地上波では無理な人選」という。

オシム監督のコメントは後からツイッターで流れてましたけど、個人的には興味深かったですけど。通訳が入ると、リアルタイムの解説は難しいと思いますが。

とりあえず、変にアナウンサーが興奮して実況で盛り上がろうとせずに、落ち着いて欲しいものです。

藻前ら、モティツケ
     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (; ´Д`))' ))(・∀・ ;)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(

サッカーの見方は1日で変えられる (単行本(ソフトカバー))

4492043756