伊藤翔が清水入団会見でW杯宣言という記事より。

J1清水にフランスリーグ・グルノーブルから加入したFW伊藤翔(21)が13日、静岡市内のホテルで行われた新加入会見に出席し、「清水から4年後のW杯ブラジル大会に出場したい」と具体的な目標を掲げた。

フランスリーグ・グルノーブルでプレイしていた伊藤翔が、清水エスパルスに入団しました。入団会見を開いています。

グルノーブルでの3年半の在籍期間で、リーグ戦の出場は5試合のみだった。しかし、異国の地でプロ生活を送り「とにかくメンタルがすごい。チームの中の1人という感じじゃなくて、個として強い1人が集まってチームになっている。自分を出していかないと、認めてもらえない」。

高校卒業から3年半、Jリーグを経ずにいきなり海外に渡った訳ですから、伊藤翔のメンタルも凄そうです。

とはいえ、結果として試合出場もかなっていなかった訳なので、Jリーグ再開に向けてどこまでフィットできるか、というところもあるのでしょうね。

「ラテンの文化でやっていたからルーズになってる。日本のきめ細かい生活についていけるか心配です」と伊藤翔。

海外での経験が、日本で活かされるのが楽しみです。敵チームの選手ながら。

■関連記事

“和製アンリ”伊藤翔、4年後W杯目指す…清水入団会見

複数年契約で清水入りした伊藤は「ブラジルW杯のメンバーに名を連ねられるように、しっかり活躍したい。ゴール数は限界がないので、取れるだけ取りたい」と抱負。「小野伸二さんとか、いいパサーがいる」と印象を述べた“逆輸入ストライカー”が、スピードを武器に14年W杯でのエースの座を射止める。