ブラッター会長 ブブゼラは禁止せずという記事より。

国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は14日、南アフリカで開催されているワールドカップ(W杯)で試合中に吹き鳴らされる民族楽器「ブブゼラ」に世界中のテレビ視聴者などから苦情が出ていることに関して「開催国ファンの伝統を禁じるべきでない」との見解を示した。

あ、やっぱり世界中から苦情が出ているんですね。

あれです、サッカーワールドカップ南アフリカ大会で吹き鳴らされる、南アフリカの民族楽器「ブブゼラ」の音です。

テレビで見ていても、ブオーブオーとかなり大きな音が聞こえてくるので、スタジアムにいたらかなり大変そうです。

主審の笛すら聞きにくいらしいので、選手同士のコミュニケーションも、なかなか難しそうです。

ブラッター会長の見解としては「開催国ファンの伝統を禁じるべきでない」ということだそうです。広報も「ブブゼラは南アフリカの歴史に根付いたものであり、文化を受け入れるべき」とコメントしています。