マンUファン決起!集団でクラブ買収計画という記事より。

マンチェスター・ユナイテッドの富裕ファン集団がクラブ買収を目指していることが2日、分かった。米国人のグレイザー一族によるクラブ運営に批判的な投資家などが「レッド・ナイツ」を構成。

アメリカ人のグレイザー一族によるクラブ運営に批判的なマンチェスター・ユナイテッドのサポーターが、クラブ買収を目指していることが明らかになりました。

「富裕ファン集団」ということで、お金持ちの投資家的なサポーターが中心となって「レッド・ナイツ」を構成しているそうです。

また、この「レッド・ナイツ」は2万人を超える一般サポーターの支持も得ていると伝えられています。

05年のグレイザー一族による買収以降、マンUの負債額は7億1650万ポンド(約960億円)に達し、ファンから強い批判を浴びている。

サポーターによるクラブ買収ということですが、果たしてどうなるのでしょうか。