大宮塚本がん公表 涙声で「頭真っ白」という記事より。

大宮のDF塚本泰史(24)は27日、さいたま市内で記者会見し、右大腿(だいたい)骨に悪性の腫瘍(しゅよう)が見つかったことを公表した。「医者からサッカーはもうできないと言われた時、頭が真っ白で夢じゃないかと思った」と涙声で話した。

大宮アルディージャのDF塚本泰史が「右大腿骨骨肉腫」であることを公表する記者会見を開きました。右大腿骨に悪性の腫瘍が見つかったそうです。

現役のサッカー選手、それもまだ24歳ですから、ちょっと驚きましたが、何より本人の絶望感たるや‥‥腫瘍のある骨を切断して人工骨を入れるため、現役続行は困難ということです。

しかしこれまでの人生はサッカーにかけてきたでしょうから、急にサッカーができなくなると告げられても、命が助かったとしても、喪失感は想像もつかない程に大きいに違いありません。

会見に同席した大宮アルディージャの社長は「今季の契約はしており、チームの一員として戦う」とコメントしています。

塚本によると、昨夏から右ひざ付近に痛みがあり、今年1月の精密検査で腫瘍が発見された。

身体を鍛えているプロのアスリートでも、病気とは無縁ではないのですね。

「つらい闘病生活やリハビリが待っていると思うが、同じがんで闘う人たちに勇気を与えたい。逆にチームメートの頑張っている姿で、僕に勇気を与えてほしい」と塚本泰史。

いつかは第二の人生を歩むプロサッカー選手ですが、病気でその道を断念せざるを得ないというのは無念なことでしょう。情熱を傾けている仕事をできなくなる、と言われたら‥‥。

まずは無事の手術を祈る他ありません。

■関連記事

大宮24歳塚本が右大腿骨にがん、3月手術

塚本選手は埼玉県出身。浦和東高(埼玉)から駒大に進学し、関東大学リーグではサイドバックでベストイレブンに輝いた。大宮には2008年から加入、昨季は21試合に出場して2得点。

塚本がん告白、現役続行は困難…大宮

3月中に手術を受けることで命に別条はないが、腫瘍のある骨を切断して人工骨を入れるため、現役続行は困難という。「医者からサッカーはもうできないと言われたとき、頭が真っ白になった」と涙声で話した。

DF塚本が骨肉腫を告白、3月中に骨切断手術…大宮

この日、練習試合を行った大宮の張外龍監督は「塚本が勇気ある決断をしたのだから、われわれも勇気を与えないといけない」と話し、藤本主税主将も「いまできることはピッチでいいプレーをして彼を元気づけること」と神妙な表情を浮かべた。