自活不能…ガスコイン氏、ホームレスにという記事より。

元イングランド代表MFのポール・ガスコイン氏が住居を失い、イングランド・プロサッカー選手協会に援助を求めていることが19日、分かった。

元イングランド代表MFのポール・ガスコインが、ホームレスになっていると伝えられています。

ポール・ガスコインというと、1990年のワールドカップ・イタリア大会での活躍を思い出しますが、いったいどうしたというのでしょうか。

PFAのテイラー会長が「彼は自活不能な状況にある。協会に寝る場所を確保してくれるよう依頼があった」と明かした。

住む場所がない‥‥と。つまり、ホームレスの状態にある、と。引退後はアルコールのトラブルをけっこう目にしましたが、アルコール依存症に苦しんでいるということです。

もともとガスコインは奔放な選手というイメージもありましたが、果たしてどうなるのでしょうか。