高木新監督 あらためて“同級生”加入熱望という記事より。

J2熊本は22日、J2東京V元監督の高木琢也氏(42)の新監督就任を正式発表し、熊本市内で就任会見に臨んだ高木新監督は「結果はあとからついてくるものだが、やる以上はトップを狙いたい」とJ1昇格への抱負を語った。

東京ヴェルディや横浜FCで監督経験のある“アジアの大砲”高木琢也が、J2ロアッソ熊本の監督に就任することが正式に発表されました。

J1を目指すロアッソ熊本としては、横浜FCをJ1昇格させた高木琢也の手腕に期待ですね。

長崎出身の高木琢也は「同じ九州で監督ができることに喜びと誇りを感じる」と話しています。

「熱い男だし、チームには必要な存在。電話で話したが迷っている感じだが、ぜひとも来てほしい」とジュビロ磐田の中山雅史になラブコールを送っていましたが、残念ながらコンサドーレ札幌に決まりましたね。

ともあれ、来シーズンのJ2ロアッソ熊本に注目です。元ジュビロ磐田の藤田がいますしね。柏レイソルからGK南雄太の獲得も発表しています。

経験のある選手たちがJ2を盛り上げているのを見るのは、本当に嬉しいです。

■関連記事

J2熊本が中山獲得へ医療体制改善も

熊本には現在クラブハウスがなく、施設面では獲得を争うJ2札幌に大きく劣っている。同GMは「メディカル用の施設をつくったり、非常勤を加えトレーナーをシフト制にする」などの改善案を明かした。

ゴン獲得へ本気モード!熊本が医療体制改善

Jリーグ2部(J2)熊本の池谷友良ゼネラルマネジャー(GM)は22日、獲得を目指す元日本代表FW中山雅史(42)が健康管理面の充実を重視していることに関し、「医療体制を変える考えはある」と対応する用意があることを示唆した。

熊本 熱心な勧誘実らず

クラブハウスがないなど施設面は十分とはいえないのが現状だ。池谷ゼネラルマネジャーは「本人の年齢(42歳)と体を考えると今が大事ということ。リスクがあまりに大きいということだと思う」と受け止めた。