2009-12-11_1205.png

JFL「町田ゼルビア」の監督に、元Jリーガーの相馬直樹が就任することが発表されています。

FC町田ゼルビアは、来季の監督として相馬直樹氏(①サッカー解説者、②川崎フロンターレ クラブアシストパートナー、③財団法人日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)が就任することとなりましたので、お知らせいたします。

鹿島アントラーズ、東京ヴェルディ、川崎フロンターレなどでプレイし、日本代表にも選出された相馬直樹が、JFL「町田ゼルビア」の監督に就任します。

「クラブのイレブン宣言=2011年J2昇格を達成できるよう」とコメントしています。日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得したのは2009年ということです。

■関連記事

JFL町田“相馬監督”でJ2目指す

「選手がいきいきとプレーし、ピッチで躍動感あふれるチームをつくりたい」とコメントした。なお、町田の戸塚哲也監督(48)は退任する。