68歳!史上最高齢、鳥栖・松本監督が抱負という記事より。

4季ぶりにJリーグ2部(J2)鳥栖を指揮することになった松本育夫新監督(68)と尹晶煥新ヘッドコーチ(36)が8日、佐賀県鳥栖市で記者会見し「またかと言われるかもしれないが、尹コーチと一緒にJ1昇格を狙う」と話した。

サガン鳥栖に、68歳の松本育夫監督が誕生しています。現時点で、Jリーグ監督の史上最高齢ということです。

松本育夫氏というと、長野県の私立地球環境高等学校の監督を思い出します。

松本育夫 - Wikipediaによると「わずか7ヶ月という短期間でチームを作り上げ、同年末の高校選手権で長野県代表を勝ち取るという偉業を成し遂げた」とあります。

川崎フロンターレをJ1に昇格させたりもしていますね。

チームは尹コーチを退任する岸野靖之監督の後任候補としたが、Jリーグの監督を務めるために必要な公認S級ライセンスを持っていないため、松本氏が暫定的に監督職に就いた。尹コーチが取得次第、監督に昇格する予定。

来シーズン、サガン鳥栖は悲願のJ1昇格を果たせるでしょうか。

天命―我がサッカー人生に終わりなし (単行本)

4903679012

尽くしてみないか、全力を―サッカーがくれた熱血意識革命 (単行本)

4408610941

■関連記事

68歳J最高齢鳥栖の松本監督「昇格狙う」

松本氏は2004年から06年まで鳥栖を率い、その後はゼネラルマネジャー(GM)を務めた。