ゴン中山に戦力外通告…42歳現役続行希望という記事より。

磐田は9日、静岡・磐田市内のクラブハウスで、元日本代表FW中山雅史(42)に対し、来季の契約を延長しないことを通告した。前身のヤマハ発動機時代からの生え抜きで磐田の看板選手だが、若返りを目指すクラブの方針から、戦力外となった。

中山雅史42歳、ジュビロ磐田から戦力外通告です。仕方ないですね。クラブの方針が若返りですからね。いつかこういう時はやってきます。

そしてクラブではアドバイザー就任を打診したものの、中山雅史本人は現役続行を希望しているということです。クラブとしては「ジュビロの中山」として引退して欲しかったところでしょう。

「功労者の中山君、(同じく戦力外となった)鈴木(秀人)君には感謝しているが選手としては契約できない」と社長はコメントしています。

「体がボロボロになる。心情的には引退してほしかった」と柳下監督。

“磐田のゴン”が、ついに終幕を迎えることになった。この日サテライトの練習試合に45分間出場した中山は、治療を終えると、磐田の吉野社長らに呼ばれ、クラブハウス2階の応接室に入った。約40分後、中山は「なんとなく分かっていたからね」とサバサバした表情で階段を下りてきた。

「クラブからの話はありがたいが、アドバイザーは(元日本代表MF)名波もいるんじゃ(気の利いた)アドバイスなんてできないよ」と、現役続行への希望を口にしています。

「きれいに終わるのは、ここ(磐田)で終わることだと思う。でも僕の現役を続けたい気持ちとクラブの考えはギャップがある。さすがに1年間浪人はできないけど来年の開幕まではオファーを待ちたい。来ないならトライアウトの受験も検討する。自分の気持ちを貫く」

やるならとことんやって欲しいですね。カズも横浜FCで頑張っているし、藤田だってロアッソ熊本で頑張ってますし。

そして、そのロアッソ熊本の藤田から中山にエールが。

ジュビロでは本当に、すばらしい思い出を共有させてもらいました。ずっと1つのクラブでやり続けられればいいけれど、それはなかなか難しい。それに、J1とは違いはあるにせよ、J2でもJFLでも、サッカーであることに変わりはない。引き際の美学は、人それぞれであっていい。やっぱりカズさん(三浦知良=42)と中山さんは、Jリーグのパイオニアだから…。自分が納得するまで現役であり続けてほしいよね。

「もし、熊本に来てくれるなら最高! 僕は、どんな助けでもしますよ」とも語っています。見たいですね、中山と藤田が一緒にプレイする姿を。

J1の良いところで終わるというのも美学だと思いますが、若手やまだ小さいクラブに何かを伝えて終わるというのも重要な仕事だと思います。

地元の藤枝MYFCからもオファーが届くようです。

中山雅史 ゴンゴールズ [DVD]

B000FCLYKI

スポーツの知と技―トップ・アスリートへの軌跡 (単行本(ソフトカバー))

4469263907

■関連記事

磐田、ゴン中山に戦力外通告 移籍先探しへ

9月で42歳になった中山はJ1歴代最多の157点を挙げ、日本代表でも通算21点をマーク。だが今季の公式戦には2試合しか出番がなく、最年長出場記録の更新がかかるリーグ戦には出場していない。

ゴン中山に戦力外通告!本人は現役続行を希望…磐田

中山は静岡・藤枝東高―筑波大を経て、1990年に磐田の前身、ヤマハ発動機に入社。98年に36点をマークしてMVPに輝き、得点王を2度受賞。2002年には磐田が第1、第2両ステージを制覇する完全優勝に貢献した。

ゴン中山、磐田退団!「それでも現役」

だが、磐田での今季公式戦の出場はわずか2試合。最年長出場記録のかかるリーグ戦での出場は1試合もない。「チームの中での状況は分かっていたし、チームがこれからやろうとしていることも分かっていた。だから、こういう状況は覚悟していた」。チームへのわだかまりはないという。

中山移籍へ「まずは代理人を立てたい」

「他クラブに行ければ、ボクの中でいい勉強になり、経験にもなる。不安がないわけではない。今回はボクにとって大きい挑戦。エネルギーがいると予測できるし、苦労すると思うけど、できないならそれまで。やってやると思わないとできないよ」

磐田、ゴンに続き鈴木秀とも契約更新せず

磐田は10日、1996年アトランタ五輪代表のDF鈴木秀人(35)と来季の契約を更新しないと発表した。クラブによると、鈴木秀は現役続行を希望している。

磐田鈴木も退団、他クラブで現役続行へ

今後は12月のトライアウトにも参加予定で、オフ明けの11日から練習に合流する予定だ。「将来的にジュビロの力になりたいけど、まだまだ現役でやれるという気持ちがある」。屈強な守備力でチームに貢献してきたベテランDFは、J2も視野に入れ新たな居場所を求めていく。

磐田、鈴木秀に戦力外通告 現役続行を希望

今季はリーグ戦で5試合の出場にとどまっているが、J1通算は327試合出場で9得点を記録。2002年にはJリーグのベストイレブンに輝いた。日本代表では97年に国際Aマッチ1試合に出場した。