J初のシュートゼロ…山形という記事より。

山形は鹿島戦でJ1、J2を通じ、初のシュートゼロに終わった。Jリーグデータセンターによると、一方のチームがシュート1本に終わった試合は、J1で6試合、J2で8試合あった。

Jリーグ第31節の鹿島アントラーズ v.s. モンテディオ山形で、モンテディオ山形がシュート0本というJリーグ初の記録を作ってしまったそうです。

シュート1本というのはこれまでにもあったようですが、0本というのは初めてなのですね。

J1に昇格したクラブは、どこも春先は調子が良いのですが、夏以降に失速する印象があります。J2よりも試合数は少ないのですが、やはり研究されたり、好調を維持するのが難しかったりするのでしょうね。

全体的に余裕がなかった。シュートを打てないのは恥ずかしい」と古橋。

16位の柏レイソルとは勝ち点差で7です。残留が確定していないだけに、気を引き締めないといけないですね。

■関連記事

J史上初のシュート0本、鹿島に完敗で残留お預け…山形

試合直後から相手の厳しいプレッシャーに苦しんだ。王者の迫力に耐えられず中盤、最終ラインでミスを連発。ボールをトラップすることすらままならない状況で、主導権を握られ続けた。

いくらなんでも…山形 J初のシュート0本

J1昇格1年目。上位チームとは厳しい戦いが続き、小林監督は「J1のプレー、判断のスピードに慣れ、成長しないといけない」と、課題を口にした。

山形、為すすべなく…力の差痛感

石川が「何もできなかった。戦術うんぬんじゃなく、個々の力、経験の差」と言えば、長谷川も「力のなさを感じた」と唇をかんだ。