J2戦 人種差別発言あった?東京V、甲府を事情聴取という記事より。

東京・味の素スタジアムで22日に行われたJリーグ2部(J2)の東京V―甲府で、東京VのMFレアンドロが甲府の選手から人種差別的発言を受けたとして激高し、試合後、マッチコミッショナーが両チームに事情聴取を行った。

J2ヴァンフォーレ甲府の選手が、東京ヴェルディ・レアンドロに対して人種差別発言が行なわれたとしてレアンドロが激高、試合後にマッチコミッショナーが事情聴取を行なうということがありました。

結果としてヴァンフォーレ甲府の選手は否定したということです。

具体的にどのような発言があったか、までは記事からは伺い知ることができません。

それぞれのオフィシャルサイトを確認しましたが、特にこの件についてのアナウンスはありませんでした。

■関連記事

甲府選手差別発言か、試合後に聴取/J2

国際サッカー連盟(FIFA)は近年、人種差別的発言などに厳しい姿勢を示しており、今回の件が事実と認められた場合、重い処分が科される可能性もある。