まだ1節しか消化していないので、順位も何もあったものではないのはもちろんそうですが、ジュビロ磐田に6-2で勝利したモンテディオ山形に注目しない訳にはいかないでしょう!

昇格山形6発!敵地で「優勝騒ぎ」/J1

予想通り、序盤は「J1のスピード」に苦労した。磐田FWジウシーニョのキレのあるドリブルに、DF陣が翻弄(ほんろう)された。3人で囲んでも簡単に突破を許す。最終ラインが落ち着かなくなった前半17分、DFレオナルドが足をかけてPKを献上。ジウシーニョに決められ、嫌な空気が流れ始めたが、ここから崩れない「強さ」が山形にはある。

なんといっても、J1昇格組ですからね。J1に昇格したばかりのモンテディオ山形が、かつては王者として君臨したジュビロ磐田に大勝利を収めてしまった訳です。しかもアウェイで。

優勝のような騒ぎ、にはなってしかるべきでありますね、これは。

予算の都合上、大型選手の補強はできないチーム事情があるが、個人に頼らずグループで戦う策を、同監督が細かく指導し続けた。

いやぁ、それにしても監督の手腕というのはもちろん大きいと思いますが、発奮した選手たちもすごいですね。

(昨シーズンは入れ替え戦でJ1残留したジュビロ磐田ではありますが)

ということで‥‥

2009-03-09_1058.png

得失点差により、開幕スタートダッシュを決めたのはモンテディオ山形でした。

J1のチームにしてみれば対戦したことがないのでよく分からないというのがあり、J2から上がってきたチームにしてみれば失うものは何もない、という潔さがあります。

しかもJ2は年間の試合数が多いので、運動量ではJ1を凌ぐ場合もあるでしょう。いろいろそういったことが奏効しての大量得点ということになったのでしょうね。

これまでにもJ1昇格したチームが快進撃をするのは見た記憶がありますが、問題は梅雨以降くらいになるでしょうね。

ある程度、研究され、選手個々の能力での対決となった時に、組織としてカバーするようなサッカーができるか否か、そのあたりにかかっているのではないかと思います。

しばらくは台風の目になることが予想されるので、モンテディオ山形に要注目です。

■関連記事

ド派手昇格1勝!山形いきなり首位に立った

運営団体はJチーム唯一の社団法人。10億円の運営予算もJ1で断然最下位だ。こうした補強もままならない中で新戦力の金、古橋が得点するなど新旧戦力が融合した。

山形は強い!6発で磐田を粉砕…J1第1節

FW古橋、MF財前らJ1経験者はいるものの、100試合以上の出場歴を持つ選手はなし。先発の6人、ベンチメンバーも含めれば実に9人がJ1出場歴がなかった。

山形6発!磐田に大勝 J1初戦、歴史的1勝

サポーターの熱い思いにも応えたかった。敵地・磐田のヤマハスタジアムには、山形県からバス11台約500人のバスツアーを含め、約1100人のサポーターが集結した。大半の選手が「サポーターがたくさん来てくれて、力になった」と口をそろえたが、まさに“山形が1つ”になっての勝利だった。

磐田クラブ史上最多6失点/J1

40日間準備してきた新システムを、わずか55分間で捨てていた。後半10分、ボランチのMF犬塚に代えてMF松浦をトップ下に投入。今季始動から4-4-2のダブルボランチを採用し準備してきたが、あっさりと変更。

残り15分でガタガタ…川口屈辱の6失点

GK川口も「2―2になってから落ち着けば、破たんすることはなかった」と厳しい表情だった。