浦和レッズのオフィシャルサイトに「交通事故の発生について」というアナウンスが出ています。

2009-03-02_1111.png

事故の概要:上記日時、場所において、高原直泰が運転する普通乗用車とさいたま市内に住む男性(24歳)の自転車が出合い頭に接触。男性は転倒し、左足中指の脱臼骨折等約6週間のけがを負いました。

大宮アルディージャとのトレーニングマッチの帰りに、浦和レッズの高原直泰がさいたま市内で人身事故を起こしました。相手の男性は骨折等で6週間のケガということです。

事故の原因につきましては、埼玉県警浦和警察署で捜査中です。

開幕一週間前という大事な時期だけに‥‥。それにしても、浦和レッズの関係者は交通事故が多い印象ですね。

去年も春先に、

浦和レッズ・内舘秀樹、人身事故を起こす
浦和レッズ、今シーズン3件目の事故発生

というように、3件も事故がありました。

フィンケ監督は次のようにコメントしています。

「今日の午前中に高原が私の部屋に来まして、この件に関していろいろ話をしました。もちろん情報交換ということもそうですし、一体どのような状況でどのような事故があったのかということ、それから彼がどのような運転をしていたのか、それから自転車の(被害者の)方の今の状況がどうなっているかというようなことについて話を聞きました。私にとってとても大切だったのは、自転車に乗っていた方に今後残るような後遺症があるのかどうかということ、これがとても大切でした。もちろん高原にとっては非常に難しい状況だと思います。私が今のところ聞いている限りでは、高原が非常に違反(のような運転)をしていたとかそういう話ではなくて、あくまでもいろいろな不運が重なって事故が起きてしまったということです。そういうことを考えると、一番大切なのは自転車に乗っていた方の後遺症の心配が現時点ではないということです。もちろん残念ながらけがをしてしまったということがありますので、できる限り早い回復をお祈りしています。そして私としてはやはり選手のメンタル面を考えますので、高原がこの状況を今どう見ているのか、どう感じているのか、ということが大切になってきます。ですからこのことに関しまして、高原ともいくつか話をしました。それ以上の詳細に関しては現在ここではしたくないと思います」