国際サッカー評議会が「オレンジカード」導入を協議という記事より。

サッカーの競技規則を改定する国際サッカー評議会が28日に行う年次総会で、選手を一時的に退場処分とする新ルールの導入を協議することが23日分かった。

FIFAで、警告以上退場未満の反則に適用される新ルールとして「オレンジカード」の導入が協議されることになったみたいです。

通常、

・イエローカード 2枚で退場
・レッドカード 1枚で退場

ということになる訳ですが「オレンジカード」の取り扱いはどうなるのでしょうか。とりあえずは「一時的に退場処分」ということのようですが。

それにしても「警告では処分が軽く、退場では重い」というのも難しい判断ですよね。どのあたりで線引きがされるのでしょうか。

年次総会では、ほかにも選手交代の人数増やハーフタイムの5分延長、副審を4人以上にすることなどが議題になる予定。

いろいろと議論されることがあるのですね。誤審を減らすために副審の数を増やすというのは良いのかな、とも思うのですが、数が増えると意思統一するのが難しそうですね。

ルールと用語―これできみもサッカー博士 (たのしいサッカー教室)

ルールと用語―これできみもサッカー博士 (たのしいサッカー教室)