浦和レッズが「相馬崇人との契約について」として、2009シーズンの契約更新を断念したことを発表しています。

2009-01-13_0758.png

相馬崇人との契約について、浦和レッズは、これまで、2009シーズン以降の契約更新に向け、交渉を重ねてまいりましたが、本人の海外移籍の希望が非常に強く、これ以上の交渉を長引かせることは、今シーズンのチーム運営にも影響を与えてしまうとの判断から、契約更新に向けた交渉を断念致しました。

チーム始動日となる1月12日の早朝、クラブからオフィシャルに相馬崇人と契約更新しない旨が発表されました。

相馬本人の海外志向が強いということで、具体的なオファーがあるのかどうか分かりませんが、海外に挑戦することになったようです。

貴重な左サイドの選手ですが、梅崎もいますし、フィンケ監督の手腕に期待したいところではあります。フィンケ監督は「何があっても必ずクラブに残ってもらわなければならない選手ではない。大きな問題とは思っていない」とコメントしています。

気持ちが離れたままプレイしても良くないでしょうから、浦和レッズにとっても相馬にとっても、最良の決断でしょう。

相馬には、自分の夢を目指して頑張って欲しいと思います。

■関連記事

相馬が浦和退団へ…海外移籍を希望

昨年12月には独2部フライブルクから移籍を前提とした練習参加オファーが届いたが、契約に至らなかった。今後は欧州をはじめ、メキシコなど中南米まで範囲を広げ、移籍先を探していく方針。浦和の左サイドを担った16番が海を渡ることになりそうだ。

浦和、相馬との契約更新を断念

 J1浦和は12日、MF相馬崇人(26)との契約更新を断念し、登録は行わないと事実上の退団を発表した。

浦和・相馬崇人、退団決定!海外挑戦へ

クラブは「本人に来年も来年以降も一緒に戦ってほしい」と複数年の契約延長の準備をしていたが、相馬は代理人の田辺氏と契約を結び、移籍金が発生しない今オフにも欧州移籍の可能性を探っていた。