清水に移籍の永井“ヒール役”宣言という記事より。

チームメートやサポーターには感謝の言葉も口にしたが、「出るチャンスのないチームにいても仕方ない。思い切りサッカーがしたい」とサバサバした表情。新天地の清水には「パサーが豊富。どんどんパスが出てくる」と期待した。

清水エスパルスへの完全移籍が決まった永井雄一郎が大原のクラブハウスに、荷物整理の訪れてインタビューに答えています。曰く「埼玉スタジアムに戻ってきたら、すごくイヤな選手になりたい」と。

もちろんチームメイトやサポーターに感謝の言葉も口にしたそうですが、加えて語ったのが↑のコメントだそうです。

もう完全に、クラブから気持ちが離れてしまっていることを感じますね。というか、いまさらではなく、恐らく2008シーズンの終盤はこんな気持ちだったのではないでしょうか。

ゲルトを批判して干されるも、クラブからは援護射撃もなく。これまでも毎年のようにFW補強が繰り返され、きっと自分の立ち位置には疑問も持っていたことでしょう。

正直、浦和レッズに残れば引退後も約束されたようなものだと思うのですが、全てを捨てての完全移籍ですから、相当な思いがあったはずです。

レッズのメンバーは最高なんで、同じユニホームを着てプレーできないのは残念。(移籍の理由には)環境や自分の状況などいろんなものがあった」ともコメントしています。リップサービスもあるでしょうが、チームメイトは素晴らしい、と。

だったら何がいけなかったのか?

今さらながらに2008シーズンは重いものだったと思います。期待を背負い続けた背番号「9」が移籍を決断した訳ですからね。

とはいえ、30歳になってからでは環境を変えるには遅過ぎでしょうし、クラブとしても格安とはいえ移籍金も得られたので、まずは良かったのかな、と思いますが。

また肉体改造しているみたいですね。

もう永井雄一郎は浦和の選手じゃない。気持ちは切り替えました。埼玉スタジアムに迎えるのが、今から楽しみで仕方ありません。

一方の浦和レッズですが、シーズン前の補強はなくなったようです。「日本のトップレベルの選手を集めてもいいチームになるとは限らない。大物を取るよりも、グループワークが大事

■関連記事

引き抜きは安易だ!浦和今オフは補強0

アジア枠でリストアップしていたレバノン代表MFアンタル(ケルン)の獲得も見送ることが決定的だ。外国人枠は1枠空けておき、チームの土台ができる夏場以降に助っ人を獲得する可能性が高い。