浦和バブル崩壊…無冠で10億円減収、大型補強封印へという記事より。

無冠で賞金はJリーグ7位の1000万円のみ。優勝グッズ関連収益はゼロ。来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権も失い、ACL用ユニホームの胸スポンサーは消滅。監督更迭問題など、お家騒動も影響し、入場料収入も昨季の30億円から減少することは決定的で、10億円規模の減収が待っている。

補強も決して成功しているとは言いがたいですね。機能していない高原やエジミウソンは高額な上に複数年契約ですから。オジェックの違約金もあったし、来年はゲルトの違約金もあるのかもしれません。

09年終了時まで契約を残しながら解任したエンゲルス監督には、約5000万円の違約金が必要だ。MF梅崎司、FW高原という今季開幕前に補強した選手の移籍金も残っている。今季不振だった高原とエジミウソンの合計年俸4億円の2トップも残留確定的で出費はかさむばかり。

やはり。

かといって、社長や強化本部長が責任を取るかといえば、彼らはサラリーマンでもあるので、辞任してクラブを去る、というのもまた難しいのでしょう。

来シーズンは信籐氏がチームダイレクターとしてトップチームをみるということですが、外部からプロを招聘して責任の所在を明確にする、というのも今後については必要なことかもしれません。

オフトが作った土台をギド時代に熟成させ、そしてオジェック、ゲルトで食いつぶしました。しばらく我慢のシーズンが続きます。きっと。

フィンケを「浦和レッズの監督に適任でない」としたギドとは、アドバイザー契約を結ばないことになりました。「(クラブから)事前に何も聞いていなかった」とギド。

フィンケ新監督は選手育成とともに、指導者を育てる手腕にも定評がある」ということで、福田がトップコーチに就任する可能性があるみたいです。

■関連記事

フィンケ新監督「サポーターがいるから」

「浦和には素晴らしい経済基盤があり多くのサポーターを日本中に抱えており、バイエルンMと比較できる。負けても6万人の観衆が無条件で立ち続けている場所は初めて。この任務を楽しみにしている」

早くも暗雲…フィンケ浦和新監督が勘違い?

同氏は、11月23日の清水戦(埼玉、1-2)と同29日のG大阪戦(万博、0-1)を視察。いずれも敗戦だったが、ブーイングしないサポーターに目を奪われ、「練習場の芝や日本の組織力もよかったが、何よりもサポーターがいい。疑問が解消した」と心を動かされた。だが、この時期にブーイングがなかったことについて“勘違い”している可能性が高い。

浦和若手が続々レンタル…高崎は水戸へ

「(移籍を)決めました。試合に出ることが大事。1年間頑張ってまた(浦和に)戻って来て勝負したいです」。また、FW小池純輝(21)がJ2草津へ期限付き、DF坂本和哉(21)が来季からJ2に昇格する岡山に完全移籍することも決定的となった。

甲府が先陣視察!野人争奪戦ぼっ発

岡野の元には既に、J1残留が決定した場合の東京Vなど、J2を含む複数クラブから非公式の打診が届いたが、獲得への動きが表面化したのは甲府が初。甲府の幹部も「岡野の視察が目的」と打ち明けた。