勝てば優勝争いにもかろうじて残れたのですが、今の浦和レッズにはそんな力は残されておらず(ここぞというところで力を発揮できない今シーズンの悪いパターン)。

相手が10人になっても攻めきれず、エジミウソンも一発レッドでこちらも10人に。最後は遠藤に決められるという、ありそうな展開。0-1で敗戦。

試合終了後には都築がセルとゴール裏で言い争いをしていたとか、なんとなくブルーになるような話ばかりが漏れ伝わってくるのですが、シーズン終了後にいろいろな膿を出し切ることができるのでしょうか。1年くらいかかる覚悟をした方がいいのかな。

もう来週は最終節。これを消化試合とするか、それとも来シーズンに繋がる意義あるものとできるのか。浦和レッズの明日はどっちだ。

(個人的には来シーズンは降格せずにクラブとしてベーシックな部分を構築できれば良いのでは、と思っていますが)

■関連記事

浦和はG大阪に敗れ6年ぶり無冠

これでアジア・チャンピオンズリーグに続き、またもG大阪に優勝を阻まれた形となった。これで暫定5位まで順位を下げた。GK都築龍太は「今年は自分たちで自分たちの首を絞めたシーズンだった。この難しいシーズンをどう戦ってきたのかを反省して、やらなあかんと思います」と口にした。

無冠決定の浦和 闘莉王「優勝する力はない」

試合後、サポーターの前でGK都築と激しい口論を繰り広げたエスクデロは「言い合いは普通だけど、ああいう場でやってしまったのは申し訳ない」と反省。

浦和無冠に闘莉王「優勝する力ない」

闘莉王は「今の浦和に優勝する力はない」と厳しく総括した。

浦和の無冠確定 闘莉王「優勝する力はない」

既に今季限りでの退任が決まっているエンゲルス監督は「いろんな問題があってサッカーに集中できないけれど、いい試合をした」と力なく言うのがやっとだった。

浦和新設TDに信藤氏招聘でフロント改革

来季からのフロント改革に取り組んでいる浦和が、テクニカル・ディレクター(TD)に元横浜FC監督で浦和OBの信藤健仁氏(しんとう・かつよし=48)を、強化部スカウトに現C大阪スカウトの田村圭氏(34)を招聘(しょうへい)することが28日、分かった。