昨季日本人得点王の横浜大島が戦力外という記事より。

昨季J1日本人得点王の横浜FW大島秀夫(28)が26日、クラブから戦力外通告を受けた。昨季はリーグ戦14得点を挙げ、エースに成長。副主将を務めた今季も、28試合出場で6得点を記録した。

戦力外通告のシーズンではありますが、まさか横浜Fマリノス・大島秀夫にも、とちょっと驚きました。

記事にもある通り、昨シーズンは日本人得点王となる14得点、今シーズンも6得点を挙げています。

恐らく実力的には問題ないのだと思いますが、若手を起用する監督の構想から外れてしまったということなのですね。しかし、まだ28歳‥‥。

移籍金がかからないことから、複数クラブが興味を示しているということです。

■関連記事

昨季日本人得点王・大島も“構想外”

GK高桑、MFロペス、石原も戦力外を通告された。29日の東京V戦後に正式発表される予定だ。

得点王の大島を解雇 まさかエースがチームに衝撃…横浜M

その一方で、好調時には巧妙なポストプレーと高い決定力で日本代表入りもささやかれており、ある選手は「まだ活躍できたはず。信じられない」と絶句した。