浦和レッズ・岡野雅行が、オフィシャルブログ「野人は死なない!!」を更新し「報告!!」というエントリーで、浦和レッズとの契約更新がされなかったことについて綴っています。

2008-11-27_0011.png

まぁ、自分の中では悔しい部分は勿論あるけど、『若返りを図るクラブの方針』だから、世代交代はどの世界でもあるし、仕方ないのかな?とある程度は覚悟していたよ。

「ついにこういう日が来てしまいました」という書き出しで始まるエントリーは、実に野人・岡野雅行らしい書き方ですが、やはり最後まで読むと、どうしても涙が止まらないんだぜ。

神戸に移籍した時も絶対に戻ってくると思ったら戻ってきたし、やっぱり岡野雅行は浦和レッズの顔だったんだと思います。

そして帰ってきてから6回くらいタイトルも獲ったり、最高の環境で、最高のチームで、最高の仲間と、最高のサポーターの中でずっとプレー出来た事は本当に幸せだと思っているし、『浦和の選手でいられた事』を誇りに思うよ!!

そういう意味では、福田とは一緒に味わうことのできなかった優勝の歓喜を、何度も岡野雅行と共に祝えたということは良かったのだと思います。

残り試合も2試合あるから、俺も全力でチームを盛り上げて、出来れば試合にも出てメチャクチャ走りたいと思うから最後まで応援宜しく!!

岡野と内舘のためにも、チーム一丸となって戦って欲しいと思います。最後まで。そして最後に野人の走りが見られたらいいなぁ。

レッズサポーターの皆さん、本当に長い間ありがとう!!

こちらこそ、本当に長い間ありがとう!!!

コメント欄には岡野雅行が浦和レッズを離れることを悲しむサポーターのコメントが多数、寄せられています。