G大阪、元浦和のワシントン獲得へという記事より。

ブラジルのクラブ関係者によると、Jリーグ復帰を望むワシントンの代理人が水面下で交渉を開始した。G大阪の山本強化部長は「現時点で(獲得は)考えていない」と否定しているが、FWバレーが退団した今年7月には大砲候補としてもリストアップ。

ワシントンの本音としては浦和レッズに戻れれば、というところがあるのでしょうが、家族のことも考えるととにかくJリーグに戻りたい‥‥という気持ちがあるみたいですね。

元浦和レッズ・ワシントンファミリー「日本に帰りたい」というエントリーを書いたことがありましたが、家族ぐるみで日本に戻りたがっていたのですね。

ブラジル代表として9試合2得点の実績を持つワシントンは、東京V入りした05年にリーグ戦で22得点を挙げた。翌年には浦和へ移籍。同年のJ1得点王(26得点)に輝くなど、日本在籍3年でリーグ戦通算64得点をマークした。

来年はワシントンも34歳でしょうか。年齢的にどのくらいできるのか分かりませんが、前線でのキープ力などを思えば‥‥何より、心情的に敵としたくない相手です。

浦和レッズに戻ってきてくれると嬉しいですけど、それだとまた、ワシントン頼みのサッカーになってしまいますしね‥‥。