中沢争奪戦、神戸に続き浦和と大宮という記事より。

今季限りで横浜との契約が切れる日本代表DF中沢佑二(30)に対し、すでに条件提示済みの神戸に加え、浦和と大宮も獲得オファーをしたことが、4日までに分かった。慰留を図る横浜も交え、年末年始にかけて、激しい勧誘合戦が展開されることになった。

浦和レッズが中沢佑二にオファーという噂はありましたが、本当にオファーしたのですね。

浦和は年俸1億円の3年契約を提示。数字自体は同1億5000万円の神戸を下回るが、他クラブより高い公式戦勝利給・タイトル給をあわせれば、条件的にはほぼ同等とみられる。

地元出身ということなので、本人も戻りたいと思っているのかどうか分かりませんが、関係者は「うちに来てくれる可能性は高いと聞いている」とコメントしています。

30歳で移籍金がかからないので、神戸、大宮などもオファーしています。年齢的にも、ギリギリかもしれません。

とはいえ、横浜Fマリノスが年俸を上げて慰留してそのまま残留‥‥というシナリオもなくはないでしょうね。

さらに浦和レッズは、アジア枠での獲得を目指し、オーストラリア代表候補でアデレードでプレイするDFオグネノフスキーもリストアップしているみたいです。

■関連記事

横浜M・中沢獲り!浦和がDF大量補強へ

今季限りで横浜Mとの契約が切れる日本代表DF中沢佑二(30)の獲得も視野に入れており、DF陣の再編成をもくろんでいる。

浦和強化部長がアデレードDFに熱視線

オグネノフスキ率いる守備陣はG大阪に3点を奪われて完敗し「1試合見ただけでは分からないね」と明言は避けた。同じくリストアップしているAリーグ・ニューカッスルのDFジェイド・ノースらとともに、今後も調査を継続していく方針だ。