マラドーナ氏がアルゼンチン代表監督就任へという記事より。

サッカーのアルゼンチン代表のスター選手だったディエゴ・マラドーナ氏が28日、同国サッカー協会から代表監督への就任を要請され、30日の48歳の誕生日に正式発表される可能性が高くなった。

マラドーナがアルゼンチン代表監督ってマジすか!?

選手としては非常に優秀だったと思いますが、果たして監督としてはどうなのか。個人的にはジーコよりも無茶なような予感がしないでもないですが、こういうスター性を持った人はミラクルを起こすのでしょうかね。

いちおう、マラドーナが代表としてワールドカップを制したときの監督であるカルロス・ビラルド氏が、総監督的な立場で加わるということです。

マラドーナは「今は正式発表を待っている。発表後はすぐに始動し、チームを組織して選手を選ぶ。そのほかのことはカルロスが面倒を見てくれるだろう」とコメントしています。

って、選手を選ぶだけかい。

まあ、マラドーナが監督になれば、話題性はあるでしょうね。とはいえ、健康不安もあるだけに、ちと心配ですが。

マラドーナ THE LEGEND OF DIEGO MARADONA ―「神の手」 知られざるその素顔― (講談社 DVDBOOK)

マラドーナ THE LEGEND OF DIEGO MARADONA ―「神の手」 知られざるその素顔― (講談社 DVDBOOK)

■関連記事

マラドーナ氏がアルゼンチン代表監督就任へ

同国協会は29日に最終的な人選を行うが、マラドーナ氏は地元メディアに対し、「私が指揮を執ることになった」と"勝利宣言"。「良い誕生日になればいいな」などと語った。

マラドーナ氏がアルゼンチン代表監督就任へ!

マラドーナ氏は90年のW杯でも決勝に進出したが、翌年からコカインと興奮剤の使用で2度にわたって出場停止処分を受けた。引退後は心臓疾患や高血圧、肥満など健康不安が続いていた。