埼玉スタジアムは浦和レッズサポーターで埋め尽くされました。前半は攻めに攻め、高原のゴールで先制。しかし、後半に逆転され1-3という無惨な結果に終わりました。ACL連覇を目指した浦和レッズは、準決勝で敗退です。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1037_6a32a7820bea859f3bffd022d41abe81.jpeg

1点はセーフティーではありませんでした。早い時間帯に追加点を取れていればまた違ったのかもしれませんが、西野監督の采配にやられた、という感じでしょうか。

ガンバ大阪の選手交代に対応できずに混乱したところがあるので、仮に浦和レッズがもう少し早く動いて田中達也でも投入していれば、事態は変わったはずです。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1029_9be4affac32f315b76d77fe5bf642ee1.jpeg

最後は永井も投入されFWが4枚になりましたが、監督の「ファイトしよう」という意図のみで、ピッチの選手たちはバラバラになってしまいました。

勝ちきれない浦和レッズ。混乱する浦和レッズ。後手に回る浦和レッズ。今季を象徴するような試合だったと思います。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1028_4237fd4b908c0c15698d1c655a7b4b28.jpeg

当然のことながら監督解任論は出てきますし、強化担当者も「責任を取る」という話をしているようですね。ここまでの混乱を招いてしまったので、致し方のない部分はあるかと思います。

最後に選手と一緒にピッチを1周したゲルトに、覚悟のようなものを感じました。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1033_c687317d44946e504eb4bf71166c4610.jpeg

後半のガンバ大阪の選手たちの動きは良かったですね。ボールを前線に進めると、次々に選手たちが飛び出してきてパス交換し、一気にゴール前まで駆け上がります。

コーナーキックからの得点も脅威ですし、そういう意味では、現状の浦和レッズとの差がきっちりと現れた試合だったように思います。

レッズはサイドにボールを預けて攻撃に転じても、みんな足が止まっていて前線に枚数が足りなかったり、ロングフィード一辺倒だったりで、きっと相手も対処しやすいのでしょう。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1042_2a2d8b86260be0f2f3509d64b6d61f07.jpeg

この試合結果を受けて、シーズンの残り試合が大きく変わるとも思いませんが、せめて気持ちの面だけでも、来シーズンに繋がるところを見せて欲しいものです。

橋本英郎はこんなコメントを残しています。

後半はポンテとエジミウソンがマークについて来なかったので、ボールを落ち着いて回せるようになった。

■関連記事

ゲルト・エンゲルス監督(浦和)記者会見コメント

結果は最悪といってもいいと思う。パフォーマンスは瞬間的に異常に良かったし、平均的にもいい試合ができたと思う

西野朗監督(G大阪)記者会見コメント

(立ち上がりは)レッズの圧力というよりは、雰囲気による圧力でうまく入れなかったと感じていた。(落ち着きを取り戻したのはハーフタイムを挟んだからなのか?得点したからか?)得点だと思う。今リスタートからの得点できっかけをつかんでいくことが多い。

試合終了後の浦和選手コメント

サポーターには本当にありがとうと言いたい。最後まであきらめずに応援してくれた。これで終わらせるわけにはいかない。もう1回このサポーターを喜ばせるためにベストを尽くしたい

浦和、後半に流れ失い連覇の夢ついえる

この試合の前まで浦和は公式戦で5試合勝ちなしだった。第1戦でアウェーゴールを奪っていたとはいえ、主力3人が出場停止で取り巻く状況は悲観的なものばかり。

視線落とす浦和・堤「勝ちきれなかった」

主力の左MF相馬が出場停止のため、このポジションに入った。後半に陣形を変えてきたG大阪に対応しきれず「中盤ががら空きになって、バラバラだった。試合中に修正できなかった」と反省した。

浦和終戦…アジア連覇の夢消えた

浦和は前半36分にFW高原直泰(29)のゴールで先制しながら、後半に3点を失い1-3と逆転負け。2戦合計2-4で決勝進出を逃し、ゲルト・エンゲルス監督(51)解任の可能性はさらに高まった

無冠危機の浦和、中村強化本部長もエンゲルス監督も総辞職

「責任の所在は分かっている。タイトルを取っても取れなくても、(辞任は)覚悟している」外国人など補強失敗から中村修三強化本部長は戦前から辞意を表明しており、昨季アジア王者に君臨した現体制が、衝撃の総辞職となる。

浦和サポーター深夜まで無言の抗議

試合後、ゴール裏では赤いユニホームを着た一部の浦和サポーターがスタンドに残った。特にば声などはなく“無言の抗議”のようで、日付が変わる午前0時ごろまで「チーム一丸になって絶対勝つ」の横断幕とともに約100人ほどが残った。

先制弾も空砲…高原「悔しいっス」

「悔しいっスね。2点目が取れたら楽になるというのはあるけど。やれることをやったし、その結果」

エンゲルス監督解任へ…連覇消滅で決断

試合後、藤口社長と中村強化本部長は緊急会議に突入。話し合いは日付が変わるまで行われた。監督人事の責任者、藤口社長は現時点で「解任はない」と明言したものの、タレント力に見合わぬ不振の責任は重く、今季終了後には解任される可能性が高い。