全日本ユースで優勝した浦和レッズユースのメンバーでもある、山田直輝、高橋峻希、濱田水輝、永田拓也の浦和レッズ加入が内定しました。

レッズユース4選手、加入内定について

2008-10-15_0959.png

オラ、なんだかワクワクしてきたぞ!

山田直輝、高橋峻希に至っては、既にトップでの試合出場も果たしている期待の選手たちです。

身体を作るのも大切だと思いますが、あの才能あふれる選手たちのクリエイティブなプレイを、早くトップの試合で見たいものです。

山田直輝

「トップチームの練習にも参加してトレーニングにも慣れてきました。今後は、1日でも早く試合に出場できるように、そして埼玉スタジアムでサポーターの人たちを喜ばせ、また楽しませるようなプレーがしたいです」

高橋峻希

「浦和レッズの選手としてプレーすることが小さい頃からの夢でした。1日でも早くレッズの中心選手になれるように、1回1回の練習で出場している選手のプレーを参考にして自分のレベルアップにつなげたいです。応援よろしくお願いします!」

濱田水輝

「浦和レッズにはうまい選手がたくさんいるので試合に出るのは難しいことだと思いますが、1日1日の練習を大切に、そういううまい選手たちからいろいろな事を学び、1日でも早く試合に出られるように頑張りたいです」

永田拓也

「常にチャレンジ精神を持って、観ている人が何かを感じてくれるようなプレーを目指して頑張ります」

浦和の子供たちは二人に一人の割合で浦和レッズでプレイしたいと思っているはずなのですが、その夢を叶えた少年たちなのです。

ナオキにシュンキにミズキにタクヤ、そしてゲンキも!(キが多いな)

本当に本当に本当に、期待している!

↑9点目にたまげました。

■関連記事

浦和にユース4選手加入

エンゲルス監督が「22日までには(優勝の)メンタル的な疲労も取れると思う。(ベンチ入りの)可能性はある」と語った。

浦和ユース、V戦士4人がトップ昇格

16日には山田、高橋らを非公開の紅白戦に出場させる見込みで、主力3人が出場停止となるG大阪とのACL準決勝にも「当然、様子を見ながら」とメンバー入りを示唆した。