世界同時株安でサッカー・プレミアリーグ崩壊危機という記事より。

世界的な金融危機が、サッカーの英プレミアリーグをも直撃した。イングランド・サッカー協会のデービッド・トリーズマン会長は7日、イングランドのクラブが合計約30億ポンド(約5270億円)の巨額負債を抱えていると明らかにした。

世界恐慌だなんだと言われている昨今ですが、世界の株安がイングランドのプレミアリーグを直撃しているそうです。

イングランド・サッカー協会のデービッド・トリーズマン会長が明かしたところによると、クラブの合計で約30億ポンド(約5,270億円)もの負債を抱えているのだとか。

その半分以上は、プレミアリーグ4大有力クラブが抱えているもので、同会長はビッグクラブが破綻(はたん)する可能性も「あり得る」としている。

チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルの4クラブだけで合計約3,167億円もの負債があると。

外国資本によって買収が続いていたプレミアリーグですが、ここにきて曲がり角‥‥になるのでしょうか?

それとも、数千億円程度の負債はどうってことないのでしょうかね。

FAプレミアリーグ2006-2007 ゴールズ

FAプレミアリーグ2006-2007 ゴールズ

■関連記事

有力クラブに巨額の負債 プレミアリーグ

ウェストハムは、アイスランド人のオーナーが、経営悪化でアイスランド政府の管理下に置かれた銀行と関係が深く、経営危機に陥るおそれがあると報じられた。