浦和新加入DF野田、定位置取り目指すという記事より。

来季、浦和に新加入する阪南大DF野田絋史(4年)が7日、大阪府内の同大キャンパスで内定会見を行った。

セレッソ大阪からもオファーを受けていたということですが、浦和レッズ入りを決めてくれた阪南大DF野田絋史です。ゲルトの意向が強かったみたいですね。

「代表クラスがそろうレベルの高さ、意識の高さがある環境でプレーすれば伸びるのではないかと思った。練習あっての試合。レギュラーを取るのは大変だけど目指していきたい」と語っています。

本職は左サイドバックということですが‥‥相馬とポジションを争うことになるのでしょうかね。それともこれで役者が揃うということで、4バックを採用するでしょうか。

センターバックもこなせるということですが、是非とも左サイドバックでのプレイを見たいです。

中村修三強化本部長は「常に優勝争いをしなければいけないチームだが、うちを選んでくれた勇気に感謝したい」と語っています。

■関連記事

浦和が野田と仮契約 長友を猛烈ライバル視

会見に臨んだ野田は、同世代で同じ福岡出身ながら日本代表のサイドバックに成長した長友(FC東京)を猛烈にライバル視。「刺激になる。レッズに入るというのは、どこのチームよりも厳しいことも重々承知している。レッズで試合に出るようになれば(代表が)見えてくる」と意気込んだ。