カタール移籍に向けて交渉していたコンサドーレ札幌のダヴィですが、コンサドーレ札幌 ダヴィ選手移籍交渉の結果というニュースリリースが出ています。

2008-10-02_0958.png

コンサドーレ札幌FWダヴィ選手はAl Sadd(カタール)と移籍交渉しておりましたが成立に至らず、今まで通りコンサドーレ札幌でプレーする事が決まりましたのでお知らせいたします。

交渉がまとまらずに残留、だそうです。明らかにカタールの方が金銭面の条件は良いのではないかと思うのですが、どのあたりで合意に至らなかったのでしょうね。

ダヴィのコメント。

自分の移籍交渉の件で、サポーター・ファン・関係各位の皆様にご心配おかけした事をお詫びします。自分は、このクラブに残る事が決まりました。今までと同じように100%の力でチームに貢献できるように頑張ります。今後ともご声援よろしくお願い致します。

サポーターとしては移籍して欲しくない貴重な戦力という気持ちがあったと思いますが、一転して残留となると、それはそれで複雑な感じもしますね。

とはいえ、J1残留を目指す上では、必要な戦力です。

社長コメント。

今回のAl Sadd(カタール)との交渉は成立に至りませんでした。ダヴィ選手は本日練習に参加しており、今後も当クラブの選手としてプレーすることになりました。

札幌ダヴィのカタール移籍消滅 Jで争奪戦必至という記事によれば、違約金3億5,000万円、年俸約8,000万円でほぼ合意に達していたものの、監督がOKしなかったのだとか。