首位争いに残るためにも、ホームであることを考えても、絶対に勝たないといけない試合だったはずなのですが‥‥一時は逆転するも、追いつかれ2-2でドロー。勝ち点2を失った試合でした。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p906_ec63e018de9c18f3f0f23099b322fcbe.jpeg

キックオフからしばらくはテンポ良く攻めるも、そういう時に得点しておかないと後で厳しくなる‥‥のはいつものことで、京都サンガにリズムを握られ、あえなく失点。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p908_1265a3e50f044c69f981307318406196.jpeg

ビブスを脱いだ闘莉王がライン際まで出てきて指示しているのは、まるでコーチのようでした。あれ、わざとビブスを脱いでいたんでしょうね。

しかし、イヤな雰囲気を感じつつも、このままのペースでいけば得点はできるだろうと思っていたところ、前半終了の直前にポンテのフリーキックをエジミウソンが頭で叩き込みます。

さらにその2分後、ゴール前の短いクロスを高原が頭で叩き込み、あっという間の逆転劇です。久しぶりの駒場に、良い雰囲気が戻りました。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p920_540f40f3259fbe3de70fc20cb30794af.jpeg

しかし、その余韻に浸れたのもわずか。後半4分には簡単にボールを回され、あっという間の同点ゴールを決められます。

その後は引いた京都サンガをどう切り崩していくか。相馬に替えて平川は、4バックにするためとして、ポンテを永井に、そして高原を闘莉王に替えるメンバーチェンジはどうだったのか‥‥。

本来であれば温存しておくべきだった闘莉王をFWにするという奇策に出るエンゲルス監督。

ふりむきざまのシュートがバーを叩いたり、ポストぎりぎりのシュートがあったり奮起しましたが、守備にしろ攻撃にしろ、一人の違いだけでこうも変わってしまうものなのかと改めて。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p916_ece903b86fe6817f25cb7e8df700ec1b.jpeg

完全に中盤がなくなり“前後分断サッカー”に陥ってしまった浦和レッズだったのでした‥‥。あの状態でボランチが鈴木啓太と細貝というのは、ちょっと厳しいですね。タメを作れないですし。

そして今節もベンチを温め続けた梅崎とセル。梅崎とセルが出場してどれくらいやれるのか分かりませんが、気持ちで勝らないといけない試合では、ぜひとも使って欲しいんですよね。爆発を期待したいんです。

固定された先発メンバーに消極的な采配、かといって若手の起用もなし。監督のファイトに期待しているサポーターは少なくないと思うのですが。

勝ち点1もアウェイならまだしも、ホームで‥‥。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p918_f098973f7b8cf2a7eb592264b82aa7f9.jpeg

鹿島 49
名古屋 49
大分 48
浦和 47

上位陣は相変わらず混戦で、1試合で順位が入れ替わる可能性はありますが、上に3チームというのは、やはり厳しい状況と言わざるを得ません。直接対決もないですしね。

■関連記事

浦和高原2戦ぶりゴールもドロー

先月28日名古屋戦に続く2戦連続の引き分けに高原は「名古屋戦も自分たちが先制したのに追いつかれた。さらに追加点を奪うとか、もっとうまく試合運びができたらいい。今日の反省を次に生かし、ピッチで結果を出せるようにしたい」と口にした。

奇策“闘莉王1トップ”実らずドロー

オレが決めていれば勝てた。責任を感じる。ケガ?ピッチに立てば言い訳はできない」。試合後の闘莉王は気丈に努めたが、痛めている右ひざの状態は深刻だった。

高原弾も浦和またドロー

MFポンテが、京都GK水谷をかわし、ゴールラインギリギリから右クロスを上げた。「あれはロビー(ポンテ)様々でしょ。いいボールを上げてくれた」逆サイドに走り込んで、体ごと押し込んだ。

エジミウソン&高原が初アベック弾

エジミウソンは1点を追う前半40分、FKに体を投げ出して頭で合わせた。2分後、今度は高原がポンテの右からのパスに詰めてネットを揺らした。エジミウソンは「2人で崩すシーンもあった」と、惜しいシュートにつながった前半のワンツーなど互いのコンビネーションにも手応えを口にした。

浦和、FW闘莉王投入も実らず痛恨ドロー

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)と並行した過密日程に疲労の色は隠せない。「日程は考えないといけない。(浦和の前社長で日本サッカー協会会長の)犬飼さんも考えてくれると思う」と、やんわりと改善を要望した。

高原弾も痛いドロー 浦和浮上できず

「代表? きょうのプレーじゃダメでしょ。いいときもあるし、きょうみたいに悪いときもある。波をなくしてコンスタントに力を出せるようにしないと、本当の意味でよくなっているとはいえない」

浦和、初のアベック弾で逆転Vへ期待

2人のゴールで勝ち点3を得ていれば弾みもついたはず。とはいえ混戦の上位争いで両FWの調子の波が上向きに重なっているのは心強い。高原は「反省して次にまたいい結果を出せるように」と、逆転優勝へ気持ちを引き締めた。

浦和・闘利王、FWで途中出場も得点ならず

同41分にバー直撃のシュートを放つなど決定機を作ったが、ゴールを決めることはできなかった。「けがをしていてもピッチに立ったら言い訳はできない。結果を出せなくて悔しい」と唇をかんだ。