やはりホーム&アウェイというのは試合に大きく影響するもんだよ、ということを改めて感じた夜。相馬の華麗なるボレーと闘莉王の技ありゴールにより2-0で勝利。出来すぎた夜。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p783_b4c9c7c46b6d7c4a8644924f17712833.jpeg

試合の入りから選手たちのテンションが高いのが、見ているこちらにも伝わってきました。負ければ後がないのですから当然です。

攻撃もうまくかみ合い、エジミウソンがバーを叩くシュートを放ったりと、序盤から予感を感じさせる試合展開となりました。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p801_a898bf635c09d1f4804ce134788d4b7d.jpeg

しかし一方的に攻撃していたかというとそうではなく、しばしばカウンターで切り崩され都築が一対一を止める危ないシーンも。アルカディシアは身体能力も高いし、スピードもありました。

そんな中、コーナーキックのクリアボールが目の前に落ちてきた相馬が、迷わず左足で一閃。

ゴォォォォォォォォォォォォォォォル!

ビューティフルなボレーが華麗にゴールネットに突き刺さります。ゴールキーパーは一歩も動くことが出来ず。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p779_f75a63cb7612cb58a08cf85707a164ea.jpeg

ただし、一点ではまだまだセーフティーではありません。1-1にされたら2-1にしないと敗退です。

追加点が欲しかったところに、ポンテのフリーキックはゴール横にいた闘莉王の元に吸い込まれるように‥‥胸トラップしてシュート。

ゴォォォォォォォォォォォォォォォル!

ビューティフルなフリーキックをビューティフルにトラップしてボールをゴールネットに突き刺しました。

ゴールキックの時には必ず背後からサポーターが大ブーイングをしていたのですが、耳を塞ぐ仕草をしていたゴールキーパーの蹴るボールの飛距離は徐々に短くなり‥‥。

最後はDFの選手が代わりにゴールキックを蹴っていました。

バックスタンド中央にいても大きいと感じる声量でしたから、相当なプレッシャーになっていたのでしょう。

レッズの調子を狂わせるために、わざとキックオフ時の自陣を逆にしたのでしょうが、いきなり北のゴール裏を背負ってしまったのはよくありませんでした。アルカディシアのゴールキーパーにとって。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p798_7448f9b4af264c6675ac8a07ed94c74b.jpeg

そして準決勝の相手は、なんとガンバ大阪に決まりました。

移動がないことはウェルカムですが、日本勢同士による試合は‥‥どうなるのでしょうね。お互いによく知っているだけに。一抹の不安が。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p775_9b188356ccc6fa9d2663e9da9bf8cfec.jpeg

日程が詰まってきて、ようやくレッズらしいというか、気持ちの入ったプレイができていると感じているのですが、この状態をキープできるでしょうか。いや、キープして欲しい。

今週の日曜日には、2位の名古屋グランパスとの試合があるのですから。

/////

そして浦和に戻ってきて「ブラット」で飲んで、帰り際に知らないおじさんとハイタッチした。

/////

(昨年)浦和でも優勝できたのだから、という甘い気持ちがあった。今日負けたのは、チャンスに決められなかった自分の責任」という興梠のコメントが、いかにアジアを勝ち抜くのが大変か、ということを証明してくれました。

■関連記事

ゲルトエンゲルス監督(浦和)記者会見コメント

すごくいい入り方ができた。ホームで勝たなきゃいけない試合で、ディフェンスから相手にプレッシャーをかけたかった。そして、40秒には最初のクロスが入った。もちろん、カウンターから龍太(都築)がファインセーブする場面があったが、それ以降はほとんど押して押して、相馬のすばらしいゴールで1点を取ることができた。

試合終了後の各選手コメント

(後半のピンチの後に細貝選手にどんな指示をしてた?)あれはカウンターから攻撃をくらった。真ん中のスペースが空いていたので、ホソ(細貝)が悪いんじゃなくて、ボランチが前線と一緒になって連動して上がってくれと。あの時間帯で前3人だけで攻めて、カウンターでやられるのは良くなかった。

モハメド・イブラヒム監督(アル・カディシア)記者会見コメント

興味深い試合になると思っていた。我々がクウェートで勝利し、日本では浦和が勝利した。浦和には勝利する能力があると思っていた。我々はアマチュア、ここまで戦えたことに満足している。

浦和逆転4強!次は宿敵G大阪とJ対決だ

相手DFのクリアが相馬の頭上に舞い降りた。「一瞬、トラップしようとも考えたんだけど、たまにはいいでしょ」。左足でボールの真シンを叩く。距離は約25メートル。芸術ボレー弾が決まった。

闘莉王G大阪との対戦を歓迎

試合開始から積極的に攻撃参加し、攻守に働いた闘莉王は「今日は完封したかった」と満足顔。G大阪との準決勝に向け「ありがたいね。移動もないしね。この日程で(シリアに)移動していたら選手は壊れるから」とJリーグ同士の対決を歓迎していた。

浦和序盤から攻撃陣フル回転

逆転で準決勝進出を決めて、浦和のエンゲルス監督は「すごくいい試合の入り方をした。勝たなきゃいけない試合で、選手たちはよくやってくれた」と満足そうに話した。

浦和、相馬豪快ボレー&闘莉王弾で逆転4強

エンゲルス監督「しんどかった。90分を通して速く、激しい試合だった。準決勝はG大阪が来ると思っていた。良い試合になると思う」

浦和・相馬、強烈ボレーで勢いもたらす

相馬は自身の高い技術のゴールに「スコールズが結構やってる。おれにもできる」。今年の欧州王者のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の名手を引き合いに出し、ニヤリと笑った。

浦和、長距離移動がなくてホッ

山田暢は「移動もないし(いいコンディションで)やれると思う」と言い、闘莉王も「ありがたい。もう1回(中東に)移動していたら、みんな死んじゃう」と歓迎した。

連覇へ貫禄2発!浦和、逆転4強

17日の第1戦(アウェー)で全3失点に絡んだ男は「失点はオレの責任。坪井と(退場した)堀之内には申し訳ない。きょうは借りを返すつもりだった」と渾身のゴールを突き刺した。

浦和・相馬先制スーパーボレー

「スコールズって呼んで。俺にも出来た」そう笑ったレフティーは当然マンUとクラブW杯で戦うのを楽しみにする。だからこそ「(クラブW杯に)出なければ意味がない」と言い切った。

強行出場!闘莉王ダメ押し弾で浦和4強

「1点じゃ危ない。2点目を取れば勝負が決まる」後半9分のFKのチャンス。ファーサイドで待つ闘将に、ポンテから要求通りの浮き球クロスが届く。

闘莉王トドメ弾!アウェーの借り返した

「あの3失点はすべて自分の責任。何が何でも点を取るつもりだった」

浦和・鈴木が1カ月ぶり実戦復帰

浦和の元日本代表MF鈴木が、後半38分から途中出場。左足首痛から、約1カ月ぶりに実戦復帰し、無難なプレーを見せた。

啓太、約1か月ぶりに実戦復帰

「もっと試合を落ち着かせなければいけなかった」

啓太反省の復帰「試合に入れなかった」

試合後は「うまく試合に入れなかった。もっと落ち着かせることができれば、良かったけど」と反省しきりだった。

日本レベル高い!犬飼会長も満足

犬飼会長は試合前に浦和のロッカーを訪れ「きょう負けたら去年勝った意味がない」とハッパ。その甲斐あって「久しぶりに選手が言うことを聞いてくれた」と目を細めた。

岡ちゃん「久しぶりにワクワク」

「久しぶりにワクワクするゲーム。素晴らしかった。こういう試合をどんどんやってくれればレベルが上がる」

岡ちゃんも絶賛「気迫が素晴らしい」

相手もレベルが高いけど、レッズの気迫とプレッシャーが素晴らしかった。久しぶりにワクワクするゲームだった」