柏レイソル戦で、相手選手の大旗で叩いた鹿島アントラーズのサポーターの処分が「ホーム、アウェイにかかわらず公式戦での無期限観戦禁止」と下されました。

2008-09-22_0744.png

■発生状況:
前半34分、最前列サポーターの大旗がコーナーキックを蹴ろうとしていた柏レイソル・アレックス選手の頭に当たり、試合が中断した。

■経過:
ホームクラブの柏レイソルとの協力により、試合中に該当サポーターを特定し退席処分とした上で事情を聴取。その結果をもとに、本日、本人に処分を通達した。

鹿島アントラーズの大東社長は次のようにコメントしています。

「安全で快適なスタジアム作り」を推し進めるJリーグ全体の信頼を損なうものでもありました。ファン、サポーター、関係者の皆様に、クラブの代表者として深くお詫び申し上げます。

柏レイソルのサイトにも、以下のアナウンスが出ています。

【9/20鹿島戦】試合中のプレー妨害への処分
ファン、サポーターの皆様へ

■関連記事

鹿島の妨害サポーター、無期限観戦禁止

鹿島は柏と協力し、トラブルを招いたサポーターを特定。Jリーグの観戦規定に基づいて処分を決め、本人に通達した。