試合への入り方も悪くなく、バランスも良かったと思うのですが、得点を奪うことが出来ずに0-0でドロー。ホームだっただけに‥‥。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p674_e1d27845592b9ab7771d20981665a6d0.jpeg

中断期間に戦術練習をしていたらしいので、そのあたりは期待していました。試合の入りも悪くなく、堅守の大分トリニータを相手にがっぷり四つで組み合っているような感じでした。

ただし、チャンスらしいチャンスは多くなく、逆に2回もポストに救われるという、ともすれば負けも意識するような試合展開ではありました。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p668_794d6f131d4c458bc5db427f7ab2f86c.jpeg

そして後半になればいつも通りに足が止まり‥‥途中交代したポンテがスクリーンに大写しになり、はっきりと怒っている姿がスタジアムに映し出されるなど不穏な空気に。

東京ヴェルディ戦で山田を投入しバランスが戻り攻撃的になったこともあったので悪くはないと思いましたが、あの場面では闘う意思を明確にするために、やはり早めに梅崎あたりを投入するべきだったかもしれません。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p670_1d3802c9cc9ee87644914b5ccc16b02e.jpeg

浦和Vへまた暗雲 ポンテ造反「バカ野郎」という記事では、アドバイザーに就任したギドが次のようにコメントしています。

視察したギド・ブッフバルト元監督は「魂が感じられない。本当に勝ちたいと戦った選手は2、3人しかなかった」と酷評した。

まさかとは思っていますが、もしかするとリーグ終盤にギドの監督復帰も現実味を帯びてきたかもしれませんね。

■関連記事

ポンテ造反は守備的采配が原因…浦和

「交代は問題ない。だが、ホームで勝ち点3を取らなければいけない試合で、なぜ代わりが守備的な選手だったのか。エジミウソンらほかにもFWはいたのに…」

浦和“内部崩壊”危機、監督Vsポンテ深刻

 「ポンテとはまだ話はしていない。まだ早いね。話は全体にするか個人に言うか、まだ決めていない。悪い影響があったらまずいからね」

エンゲルス監督「ハッピーじゃない」…浦和

スコアレスドローに終わった浦和のエンゲルス監督は「全体的には悪くなかったが、結果はハッピーじゃない」と浮かない表情だった

浦和達也欠場痛い…大分堅守崩せず

GK都築が「フィニッシュ以外は組織的にできた」と言えば、MF平川も「あとは得点だけでした」。田中達を欠いた影響を示唆する選手も少なくなかった。

梅崎「早く出たかった」古巣と対決

「久々のホームの試合だったし楽しみにしていた。自分としてはもう少し早く出たかった」と、昨季まで在籍した古巣相手に活躍できず、悔しがった。