元日本代表監督オフト氏が磐田に復帰という記事より。

磐田は1日、元日本代表監督のハンス・オフト氏(61)の監督復帰を発表した。8月28日に成績不振のため解任した内山篤前監督(49)の後任。

ジュビロ磐田の新監督に、ハンス・オフト氏が復帰することになりました。12年ぶりとなります。

オフト氏といえば、かつては浦和レッズでも監督を務め、現在の基礎を築いてくれました。

ジュビロでも追い越し禁止とか、中山や名波などのベテランに引導を渡すといった改革をするのでしょうか。

実際のところ賛否両論あるのでしょうが、J1残留という目標であるならば、

・Jリーグを知っている
・実績がある

というところから、悪い人選ではないのでは、とは思います。良い攻撃はしていると思うので、オフトマジックで堅守になれば‥‥。

とはいえ磐田ゴタゴタの中、オフト氏が監督復帰によると、外部からGMや監督を招聘したかった社長と、現体制で指揮を執るように条件を出した辻取締役との間に溝が出来たみたいですね。

■関連記事

12年ぶりオフト氏が磐田監督

中山主将は「システムが変わったとしても、攻守の切り替えを早くすることなど、やるべきことは変わらない。頑張るだけ」と話した。

オフト氏、磐田監督に復帰

オランダ人のオフト氏は、92-93年に外国人として初めて日本代表を率い、W杯米国大会アジア予選では初出場に迫りながら逃した「ドーハの悲劇」が有名。94-96年に磐田監督を務め、京都と浦和でも指導歴がある。