前節、気を吐いた選手たちがことごとく失速。試合感覚が短いとはいえ、それは相手も同じこと。なんとかロスタイムに、阿部のゴールで1-1のドローに。

urawa_national_20080828_669.JPG

久々のアウェイ参戦に久々の国立競技場。やはりアウェイのビリビリした雰囲気は良いです。

それにしても、ギリギリで追いつくことができたものの、納得のいく試合内容ではありませんでした。

相手も4バックだし、戦術的には奪ってボールを持って素早く攻め上がらなければ攻め手に欠くと思われるものの、どうしてもスピードアップしない前線。

urawa_national_20080828_670.JPG

そのために後半から高原・田中のコンビに替えて、永井・エジミウソンを投入。

先発落ちしているエジミウソンが奮起してくれると思いきや、足は重く、シュートを打つべきところで打てなかったりして、不満の残るプレイに。

最後は闘莉王をFWにあげるパワープレイをするも、惜しいシュートはあるもののゴールを割ることは出来ず。

urawa_national_20080828_676.JPG

ロスタイム5分。支配率を高めて相手ゴールに攻勢をかけ、いつ入ってもおかしくない状態から飛び込んだ阿部がヘディングでゴール。

なぜ足が止まってしまうのか。気持ちのこもったプレイをみせてくれないのか。

疲れているのならばフレッシュな選手を、闘えないのなら闘志を持った選手を。エジミウソンではなく、梅崎を投入しても、良かったのではないかと思います。

阿部はディフェンスラインよりボランチの方が良いですね。ボールも回せるし、随所に顔を出してくれます。

■関連記事

浦和ロスタイム弾ドローも3位転落

浦和がロスタイム弾で何とかドローに持ち込んだ。5分間あった後半ロスタイムにMF阿部勇樹がヘッドでゴールを押し込み、勝ち点1を拾った。

阿部が同点ゴール!浦和が引き分けに持ち込む

中3日の厳しい日程で、前半から動きは重かった。指揮官は後半開始から高原、田中達の2トップをエジミウソン、永井にそっくり入れ替えて攻勢に転じようとした。だが、4分で逆に先制点を許してしまった。

浦和、阿部の執念弾でドローも首位陥落

「監督がやりたいサッカーができるようになった。これからは良くなる一方だと思う」(平川)

東京V・柱谷監督、浦和にドローで満足げ

東京Vの柱谷監督は勝利を目前で逃しながらも「強いレッズにここまでできた。われわれのやっていることは間違っていないと感じた」と満足感を漂わせた。