浦和 本田獲り!中盤安定へ白羽の矢という記事より。

浦和が、オランダ2部VVVフェンロの北京五輪日本代表MF本田圭佑(22)の獲得に動いていることが14日、分かった。関係者によれば、レンタル移籍での獲得を目指しており、既に7月中には浦和の強化幹部が、本田に近い関係者と接触。今後の交渉次第で、正式オファーに発展する可能性が高くなった。

「今後の交渉次第」ということで正式なオファーには至っていないのですが、どうやら浦和レッズがオランダでプレイしている元名古屋グランパスの本田圭佑に興味を持っているみたいです。

本田はボランチ、トップ下、サイドバックまでカバーでき、強烈なFKが売り物。

聞くところによると、ボランチとして考えているらしいですね。

阿部勇樹をディフェンスラインに戻したい、というところなのかもしれませんが、阿部はボランチの方が活きている気もしますが果たして。

本田の所属するVVVフェンロが2部に降格したので、移籍を検討しているそうです。

「オランダでオファーを待ちながら練習する。フェンロの会長はオレの意向を聞いてくれることになっている」

浦和、本田圭獲りへ!すでに条件提示済みという記事では、既に条件を提示済み、さらに完全移籍での獲得を目指している、と‥‥。もしかして複数年契約で破格の条件とか‥‥。

なんとなくこの移籍話にそそられないのは、

「試合には負けたが、サッカーでは勝った」

とか、

本田圭佑、梶山陽平は「もっと走れ!」

とかを読んでいるからなんでしょうかねぇ。走れない選手はちょっとな‥‥。

しかも「成金ゴリラ」に進化しているんですよねぇ。どうなんだろ。本当に補強ポイントはボランチなのかなぁ。

追記:浦和が本田圭獲得乗り出すもVVV一方的に残留“発表”