闘志衰えん!オシム氏 日本代表監督復帰を熱望という記事より。

日本協会アドバイザーのイビチャ・オシム氏(67)が日本代表監督復帰に意欲を示した。

もしかして、日本代表監督をもう一度やりたいんじゃないかと思っていたのですが、やっぱり?

オーストリアにいるオシム氏が、クロアチアの新聞の取材に次のように応えたそうです。

「日本をW杯に連れて行きたいか」という質問に「第一にそれを強く望んでいる」と答えた。さらに「それをするためには、まず体調が万全にならなければいけない。日本とともにW杯に行ければ、私が完全に回復したことを意味する」と付け加えた。

どういう形で連れて行くか、ということに関しては「日本協会アドバイザーとして」ということも考えられるのですが、その日本協会アドバイザー就任会見では「ベンチに座りたいという気持ちはある」と話していたオシム氏です。

あまり無理して欲しくないとは思いますが、オシム監督の采配をもう一度見たい‥‥人は少なくないですよね?

リハビリも進んで、1日に約10kmも歩けるようになっているそうです。体力面での不安もなくなってきたということなのでしょうか。

第1希望は代表監督復帰だが、クラブチームの監督就任も「希望の1つ」と語った。

おじいさま、赤いクラブはいかがでしょうか?

追記:誤訳で捻じ曲げられたオシムのクロアチア紙インタビューによる誤訳のようです。

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムに学ぶ

オシムに学ぶ