浦和、陥落ピンチ!鬼門・アウェーの大分戦に完敗という記事より。

首位・浦和が苦手のアウェー・九石ドームの大分戦で、0―2完敗を喫し首位陥落の危機に陥った。前半10分にFW前田俊介(22)に先制ゴールを許すと、後半開始からはFW高原直泰(29)らを投入したが、追加点を奪われ、今季3度目の完封負け。

試合は見られていないですけど、なんだか漏れ伝わってくる情報を見ていると、けっこうひどい負け方だったみたいですね。

前節はホームで連敗を切ることができましたが、本質的な部分では、やはりまだ変われていないのでしょう。

屈辱以外の何物でもなかった。孤軍奮闘で死力を尽くしたDF阿部、そして、古巣相手に凱旋試合を飾れなかったMF梅崎は完敗の瞬間、ピッチに崩れ落ちた。

阿部は「忘れられない敗北です。みんな全力を出し切ったのかどうか。考えると違うと思う。自分は情けなかった」というコメントをしています。

チームにために戦えているのか? ということですよ。プレイしている選手からこの言葉が出てくるのは、重いですよ。

「先制されて、相手はドン引きした。スペースはどこにもなかった。先に点を取られるとオレらは勝てない」とは闘莉王。最後はパワープレイで前線にいたみたいですが、闘莉王をボランチで起用する奇策はもう通じないでしょうね。

「前線で動くのは達也だけ。それでは縦パスも通らない」は山田のコメント。

苦境脱出の切り札となるのは完了間際の新外国人獲得だ。幹部によると、サントスの元ブラジルU―20代表主将DFアダイウトン(25)は就労ビザの取得の関係で今月下旬に来日予定だ。

補強でなんとかなるんでしょうか。

■関連記事

浦和達也スタメン復帰2戦目も不発

浦和FW田中達也はスタメン復帰2戦目も不発に終わった。序盤から持ち味の運動量とスピードで最前線を動き回ったが、思うようなパスがもらえず、シュートも1本のみ。

浦和、大分に完敗…九石ドで4年白星なし

途中出場のFW高原は「誰が悪いというより、開幕から自分たちのリズムが作れていない」。17日の東京V戦(埼玉)は真価が問われる一戦。

浦和、苦手の大分にアウェーで完敗

ポンテが右太もも裏を痛め、三都主も左脚付け根を負傷。本来、攻撃の中核を担うべき選手を失い、いつもの迫力を欠いた。試合前に「ポンテがいないのは、もちろん痛い」と話していたエンゲルス監督。その言葉が現実となり、試合後の表情はさえなかった。