異例の抜てき…川淵C後任は犬飼氏という記事より。

日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(71)の後任となる次期会長に、常務理事でJリーグ専務理事の犬飼基昭氏(66)の就任が内定した。

日本サッカー協会次期会長に犬飼Jリーグ専務理事?というエントリーを書きましたが、日本サッカー協会の次期会長に、Jリーグ専務理事の犬飼基昭氏が内定したと報じられています。

「川淵キャプテンは委員会終了後に犬飼氏と会談して了承を得た」ということで、事実上の会長就任が決定ですね。

犬飼氏は浦和の社長時代に積極的な改革に乗り出し、チーム強化に加えて観客動員も飛躍的に伸ばした。

いやー、本当に。浦和レッズサポーターとしては、もう一度、浦和の社長として戻ってきて欲しかったんですけどね。

川淵キャプテンに、その手腕が高く評価され、自らの路線継承に相応しいと推薦されたそうですが、本当の意味で、犬飼さんには日本サッカー協会を改革して欲しいです。期待しています。

■関連記事

新会長候補の犬飼氏が川淵氏と会談

新会長候補のJリーグ専務理事の犬飼基昭氏(66)がこの日川淵キャプテンと個別に会談したことを明かした。犬飼氏は「内容については言えない」と話すにとどまった。

犬飼氏が日本サッカー協会次期会長に決定

浦和社長時代には、親会社からの経営自立や、総合型スポーツクラブの設立、監督招聘(しょうへい)などで腕をふるった。「豪腕」時に「ワンマン」とも称される押しの強さは、「似たもの同士」(サッカー関係者)の声もある。

次期役員人事案まとまる 犬飼氏が有力

これまで会長就任の打診がないとしていたJリーグ専務理事の犬飼基昭氏(66)がこの日川淵会長と個別に会談したことを明かした。