久しぶりのホームで久しぶりの勝利。後半は一方的に攻め立てられたものの、悪い流れを断ち切る2-0での勝利。

reds_20080707_008.JPG

不調の高原に代わり、久しぶりの先発起用となった田中達也。試合開始直後からピッチを動き回り、ボールを引き出し、守備にと大回転を見せます。

そんな達也にFC東京が対応する間もなく前半3分、無理目のボールに追いつきエジミウソンに折り返します。それをエジミウソンが見事に先制ゴール。

達也らしい飛び出しと、エジミウソンの落ち着いたプレイで試合開始早々に、流れをたぐり寄せることに成功します。

その後も達也の動きは良く、これほどチーム全体が連動していたのは本当に久しぶりではないでしょうか。

堤のコメント

達也さん(田中)が入ったことで積極的に守備にも参加してくれるので、後ろとしては助かった。あれだけ前から追ってくれれば後ろも取りやすくなる。

に達也効果がよく現れているのではないでしょうか。

残念ながら高原とエジミウソンは、こうした動きをしないですからね。

reds_20080707_009.JPG

しかし後半、燃料の切れた達也が交代すると、浦和レッズは劣勢に。何度となく危ないシーンを迎えますが、全員で守備にあたり失点せずに乗り切ります。

もう少しで試合終了、というところで、永井がボールを持ってドリブル。ゴールキーパーの位置を見極め、冷静にゴール。

reds_20080707_010.JPG

必ずしも簡単ではなかったと思いますが、だめ押しのゴールを決めてくれました。沸くスタジアム。

reds_20080707_011.JPG

reds_20080707_013.JPG

公式戦で連敗が続いていただけに、ホームでの勝利は非常に意味があるものとなりました。引き続き首位をキープしています。

エンゲルス監督が記者会見で次のようにコメントしています。

「戦術的に田中達の方が、エジミウソンとのコンビがいい。ふたりはタイプが異なるから。高原の調子が悪いというよりも、田中達の調子がよかった、ということ」

高原には、巻き返しのために、これまで以上に奮起して欲しいところです。