三都主今季絶望、左太もも全治6カ月という記事より。

浦和MF三都主アレサンドロ(30)が、今季絶望となる重傷を負っていたことが1日、明らかになった。6月28日の柏戦で痛めた左太もも周辺の精密検査で、左大腿(だいたい)部直筋腱(けん)断裂と診断された。

アレ‥‥ようやく復帰できたと思いきや、あっという間の戦線離脱ですか‥‥。

左大腿(だいたい)部直筋腱(けん)断裂と診断され、完治まで6ヶ月。今シーズンの復帰は絶望的となりました。

本人も「この悔しさは一生、忘れないです」とコメントしていますが、復帰戦出場15分でのケガですから、メンタル的にもそうとうこたえているのも想像に難くありません。

エンゲルス監督は、

「前よりもけがはひどい。手術するかの判断は早くした方がいい。彼のキャリアも危ない」

とコメントしています。

三都主、今季絶望!左足付け根全治6か月によると、

今後の治療方針についてはチームドクター、ブラジルの主治医の意見を取り入れ、今週中に決断する。

ということです。

■関連記事

浦和痛い!三都主が再び離脱…左脚付け根の腱断裂

三都主は今季、ザルツブルクから浦和に復帰し、主力として期待されていたが、開幕直前に古傷の左足の付け根を痛め離脱。柏戦で戦列に戻ったばかりだったが、患部を再び痛めた。

左足重傷だった…三都主選手生命の危機

患部には2カ所の腱断裂がみられ、ザルツブルク時代の昨年11月、今年3月の負傷と同じ部位。

浦和・MF三都主、再び長期離脱へ

三都主はクラブの公式HPで「非常に悔しい。今季、試合に出るのは厳しい状況」などとコメントし、長期離脱を示唆した。