福岡の遊技機メーカー支援交渉にJ難色とう記事より。

福岡と遊技機メーカー大都技研(本社、東京)との支援交渉にJリーグから「待った」がかかったことが7日、明らかになった。

Jリーグは、大都技研のグループ会社にパチンコ店経営会社があることから、自粛対象業種として「待った」をかけたということです。

とはいえJ2福岡にパチスロメーカーが出資の方針にもありますが「平和はOKだがマルハンはダメ、キリンはOKだが高橋酒造はダメ」という、曖昧な判断基準です。

クラブとしては、スポンサー企業は喉から手が出るほど欲しいでしょうから、今後の展開に注目です。

ロアッソ熊本の胸スポンサー「白岳」がJリーグ昇格時に、やはり酒造会社であるが故にスポンサーを降板したのも記憶に新しいところです。

■関連記事

福岡 遊技機メーカーからの支援にJ難色

リーグ側は大都技研のグループに遊技ホール経営をしている会社があるとして、ユニホームスポンサーについての内規で定める自粛対象業種との見解を示した。

福岡の経営改善計画にJリーグが難色

福岡の都筑社長は「理解を得られず残念。大都技研とのスポンサー契約に向けて、今後もJリーグ側に粘り強く理解を求めていきたい」と広報を通じてコメントした。