予選突破がかなり厳しくなる敗戦となりました。名古屋グランパスを相手に、4失点して4-2での敗戦です。

エンゲルス監督のコメントを見る限りでは、ディフェンスが良くなかったようです。

「コンパクトさがありませんでした。サッカーにミスはあると思いますが、その後が大事です。切り換えが早ければ相手は攻めることが出来ません、その部分が良くありませんでした。今日はDFの仕事が良くありませんでした。FWとの距離がありすぎました」

実際の試合を見られていないのですが、メンバーを見るとディフェンスには、

坪井慶介
堀之内聖
堤俊輔

ボランチには、

内舘秀樹
山田暢久

という布陣でしょうか。

日本代表に阿部、闘莉王、鈴木啓太、細貝、梅崎が選出されていますので、いつもと違うメンバーになります。

前半での3失点が痛いですが、それもこれも想像するに、ディフェンスラインと前線の繋ぎ役がいなかったのかな、と思えてしまいます。

普段であれば、闘莉王や細貝の役目になりますが、ここが現時点でのレッズの弱点なのでしょうね。水を運ぶ選手がいない。

高橋峻希、原口元気、西澤代志也といった若手が起用されたのが、せめても‥‥でしょうか。

■関連記事

浦和は4戦連続白星なし/ナビスコ杯

浦和がアウェーで名古屋に敗れた。FW田中達也とMF内舘秀樹のゴールで2度1点差に詰め寄ったが、前半の3失点が響きあと1歩届かなかった。

響いた代表組不在…浦和決勝T進出絶望的

A代表とU―23代表に7人が選出される苦しい台所事情の中、U―19日本代表に飛び級で招集された17歳のFW原口が公式戦デビューを飾ったが、得点には絡めなかった。

浦和最年少・原口デビュー…ナビスコ杯

浦和FW原口が17歳0か月16日で公式戦デビューを果たした。クラブ史上日本人最年少、ナビスコ杯史上4位の年少記録だ。

浦和、決勝T進出絶望的…ナビスコ杯

この日の敗戦で予選1位通過は消滅。決勝トーナメントに進出できる2位になるには、残り2試合に全勝した上で神戸、京都の結果を待つしかない。

田中達、今季初先発初ゴールも大敗…浦和、決勝T絶望的

DF坪井は「結果を出さないといけないゲームだった。いまは何をいってもしようがない」と唇をかんだ。