鹿島の選手が酒気帯び運転という記事より。

鹿島は20日、所属する大道広幸選手(20)が18日に酒気帯び運転をしていたことが判明し、同乗していた船山祐二選手(23)とともに謹慎処分としたことを発表した。

「鹿島アントラーズ」の大道広幸選手が、酒気帯び運転で検挙されました。同乗していたのは船山祐二選手でした。

2人は17日から18日未明にかけて茨城県神栖市内で飲酒し、帰宅途中の18日午前4時ごろに同市内の検問でアルコールが検出された。

ともに今季のリーグ戦出場はないとはいえ、リーグ戦の最中であり、鹿島はACLもありますからね。

ACLで18日からベトナム遠征に参加していたものの、謹慎処分となり帰国したということです。

「飲酒運転は反社会的行為であると認識し、今回の件は許されるものではない。選手教育を徹底してきたつもりだが、再度、選手、スタッフに対する教育を行い、再発防止に努める」

社長コメントです。

鹿島・大道が飲酒運転で検挙される 助手席に船山もによれば、

鹿島によると、2人は17日深夜から18日未明にかけて、友人とともに茨城県神栖市内で飲酒。その後、運転代行を利用して2人でカラオケ店に移動したが、帰宅の際、代行業者の営業が終わっていたため、大道選手の車に乗った。

ということで、代行業者の営業が終わっていたためということですが、その前に帰宅すべきだったかもしれません。

「鹿島アントラーズ」からはニュースリリースが出ています。

所属選手の酒気帯び運転に関して

19日午後、ハノイ市内の遠征先ホテルで2人から取締役強化部長の鈴木満に報告があり、事情聴取を行った結果、酒気帯び運転と同乗の事実があったことを確認。

酒気帯び運転で検挙され、数時間後にベトナムに遠征に出発、ベトナムで報告されたということです。

浦和レッズも事故が続いているのですが、何かとJリーガーの不祥事が続きます。

■関連記事

鹿島の選手が酒気帯び運転

首藤久雄Jリーグ・リーグプロデュースグループマネジャー「不祥事が続いているので(対策について)いろいろと考えていることもある。(20日午後の)理事会終了後の記者会見でチェアマンからきちんとお話しさせてもらう」

飲酒し帰宅途中に検問 鹿島・大道が酒気帯び運転

両選手はアジア・チャンピオンズリーグのため18日からベトナムに遠征したが、チームを離れて帰国している。