Jクラブで初!チームの歴史を8分に凝縮「浦和・ザ・ムービー」という記事より。

J1で首位に立つ浦和が映画化されることが14日、分かった。チームの歴史や名場面などがフューチャーされた約8分間のショートムービーで、17日のG大阪戦(埼玉)の前にワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園で上映される。

いつの間にショートムービーなんて作っていたんだ、浦和レッズ!

地元に密着した劇場運営を目指すワーナー・マイカル・シネマズが、理念が一致するとして浦和レッズに映画化をもちかけたものです。

埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園には、ワーナー・マイカル・シネマズの劇場があります。

内容は、

93年のJリーグ発足当初から昨年のACL優勝、そして今季の戦い…。初公開の秘蔵映像も含めたクラブの歴史を約8分に凝縮した、ファン必見の内容だ。

というもので、サポーターが見たら号泣するんじゃないですか、これは‥‥。

ぼくは普通に全編を流して見る自信はないですね。いま、ちょっとJ2降格のときのことを思い出して、少しウルッときてしまいました。

あのシーンも収録されているんだろうなぁ‥‥。

上映はG大阪戦当日の午前9時30分と午後12時30分の2度。定員は230人で希望者多数の場合は整理券が配布される。

こんなの入場できる訳ないじゃないですか!

ただでさえ試合当日は、ワーナー・マイカル・シネマズの入っているイオンにはサポーターがたくさんうろうろしているというのに!

ぜひとも埼玉スタジアムで流して欲しいんですけど。DVDで発売してくれたっていいんですけど!

当然R指定?浦和が映画デビューによると制作費は50万円。「反響次第では上映会の継続を計画している」ということです。

浦和の短編映画「歴史を刻め」無料上映には、

・入場無料
・今後もホーム戦開催当日には上映を続ける

ということが書かれていました。ちと安心。

なぜ、浦和レッズだけが世界に認められるのか

なぜ、浦和レッズだけが世界に認められるのか

■関連記事

前代未聞!「浦和の映画」が完成!17日限定公開

選手の反応も上々で、日本代表DF闘莉王は「長編もやってほしいね。大阪の辛口な人が(監督)やってくれないかな」と、井筒和幸監督にラブコールを送った。