日本人頭脳で!グルノーブル1部昇格という記事より。

フランス2部のグルノーブルが“日本人の力”で悲願を成就させた。12日のホーム・シャトールー戦で0―0で引き分け、残り1試合で4位との勝ち点差を6として3位が確定。

なんと45年ぶりの1部昇格だということです。

「グルノーブル」は、日本のインデックスが2004年に買収、祖母井GMが2007年に就任した、日本と縁のあるクラブチームです。

記事によると、1部昇格は祖母井GMの手腕がかなり大きかったようです。

昨季のシーズン終了前にプーリカン監督を解任し、バズダレビッチ監督を招へいした。チームを5位に導いた監督の解任にサポーター、地元メディアから批判を受けたが、祖母井GMは動じなかった。

わずか2シーズンで1部昇格を成し遂げるなんて、敏腕すぎです。

「グルノーブル」の前にはジェフ千葉のGMだったのですが、その時に招聘したのがオシム監督でした。

監督でサッカーは変わるけれど、その監督を連れてくるGMの仕事というものも、とても重要だということがよく分かります。選手補強しかり。

「グルノーブル」は2006年に大黒、2007年に梅崎が所属したクラブです。現在は伊藤翔が所属しています。

■関連エントリー

大黒将志、グルノーブルに移籍
グルノーブル梅崎司、大分に復帰
インデックス、テレビ局などに第三者割当増資を実施