“キング”アマラオ氏が映画になるという記事より。

サポーターから絶大な人気を誇った元FC東京のFWアマラオ氏(41)の自伝映画「KING OF TOKYO(仮称)」が製作されることになった。

ブログをはじめたり引退試合が開催されたり、ここのところ話題の多かったアマラオの自伝映画が製作されることになったそうです。

ブラジル移民100周年の、記念事業の一環として、だそうで、ブラジルでも上映される予定とのこと。

内容はブラジルでは無名の存在だったアマラオ氏が、なぜサポーターから愛される存在となったかを多くのサッカー関係者が証言するドキュメンタリー。

移籍しましたけど、いつまでもアマラオは「キング オブ トーキョー」なのでしょうね。

「こんなことになるとは夢にも思っていなかった。幸せです」とアマラオはコメントしています。

ブログ「アマブロ」を見たら、引退試合のメンバーが発表されていました。

■関連エントリー

アマラオは湘南へ
“キング・オブ・トーキョー”アマラオが引退
アマラオがいっしょうけんめいブログをこうしんしているよ